狭い庭で育てるバラ約40種とハーブなどなど、そして日々製作する手作りせっけんの記録


by itoito1014

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
手作りせっけん
教室
せっけんの横道
ハーバルなこと&手作り化粧品
アロマ
ロザリアン的
山繭
日常
お外おいしいこと
お家おいしいこと
お買い物
ホテルステイ

イベント
たおさんの講座
石鹸講座スペシャル@広島
未分類

最新の記事

柿の葉せっけんをお届けしました
at 2017-07-21 16:18
ジュレ作り③
at 2017-07-08 23:54
ジュレ作り②
at 2017-07-07 15:51
ジュレを作りまくる
at 2017-07-05 11:38
ミヤカグ講座6月分終了しました
at 2017-06-26 12:46
庭の山椒でちりめん山椒
at 2017-06-22 15:30
6月のミヤカグ講座
at 2017-06-21 16:44
ミントの簡易蒸留
at 2017-06-19 17:09
バラの簡易蒸留
at 2017-06-14 23:02
バラ2017
at 2017-06-12 12:11

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

>mamakoさん お..
by itoito1014 at 15:52
ちょっと計算してみました..
by itoito1014 at 15:06
>Annieちゃん! ..
by itoito1014 at 14:30
わたしも家族旅行で行った..
by Annie at 02:30
お久しぶりです。長野良い..
by mamako at 15:39
遅くなったけど、先日はお..
by mamamko at 09:22
セクラさん。 すみませ..
by itoito1014 at 23:22
かわいくできてるじゃない!
by Annie at 22:19
>まささん コメントあ..
by itoito1014 at 22:52
シーベリーとひまわり油の..
by まさ at 10:46

検索

記事ランキング

フォロー中のブログ

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

画像一覧

タグ

リンク

ライフログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
グルメ

カテゴリ:お外おいしいこと( 34 )

アフタヌーンティー@アマンtokyo

3月31日~4月5日に東京へ出かけていた備忘録⑤
忙しくて更新できないイライラと
もう忘れつつあるモヤモヤとと思いつつ、
しか~~し、どうしても完了しておかなくてはならないと決心して、
忘却の彼方から、記憶を紡いでおこうという

4月5日は最終日
この日は、末娘の入学式。
参戦してきた長女と、本人(次女)と私で、
式開始の1時間ほど前に学校の最寄り駅へ到着


b0199304_17002637.jpg

駅前から広がる公園は、
この時、桜満開で人、人、人でいっぱい
そんな人を横目で見つつ、
進むその向こうにある学校に。
道の右側の校門の前には
「●●大学入学式場」の大きな立て看板
ここで写真撮りたいよね。みんな。
んで、ずら~~~っと行列ができておる。
われらも並びまして、約30分ちょっと
間に合うかハラッとしたけど、
お決まりの場所で写真撮れた!
このために一眼持って行っていたんじゃけ~
何としても撮らねばならんかったのだ。
そっからダッシュで式場へ。
んでも、本人と家族が別場所なので、ここでお別れ
あ~~あたしも○楽堂行きたかったなあ
入れないんだってよ、全員は

式では、ピアノアンサンブルとバイオリンアンサンブルの生演奏も
生で聴きたかったけど、モニターだったぜ(泣)
上の子たちの時もそうだったんで、分かってたけど、もう本人とは会えず。

長女と私は帰宅の途に就いたのだけど、
何かこれじゃ帰れんな~~~~~~~~~っと、


予約していたアマンtokyoのアフタヌーンティー
大学前の駅から近い。
我ながらグッドセレクションじゃと自画自賛
京での最上級の贅沢は空間の使い方だと思う。
人が多くて、土地が高い場所で、
ゆ~~~ったりとした空間配置していて、
コミコミの東京感が皆無
こんな贅沢はない、アマンtokyo

b0199304_17055536.jpg

3段トレーは相変わらずブラックコンセプトで美しい

b0199304_17060075.jpg

下段の食事系はチーズクロスティーニや
エビとアボカドがコーンに乗ってたり、
スモークサーモンとアスパラのサンドイッチ
竹炭バンズのサンドイッチなど


b0199304_17060634.jpg

中段はカシスとレモンのプチガトー
ブラックベリーのエクレア
抹茶のシフォンケーキ
オレンジとアールグレイのタルト


b0199304_17061175.jpg

上段は
ダイヤモンドの器と苺のパートドフリュイ
ライムキャラメルのハイヒール形ボンボンショコラ
フレッシュベリーを入れたチョコレートバッグ


b0199304_17062706.jpg



スコーンはプレーンと抹茶
相変わらずかたっ!
コッチコチでボロボロだっ

b0199304_17061678.jpg

クリーム&コンフィチュール


b0199304_17062093.jpg


ジュレは
キウイフルーツと貴腐ワインのジュレ
チョコレートハット

めっちゃ美味しかったー
けど、ちょっと緊張感あったー
再訪なのに高級ホテル、
ドキドキが止まらないッス



[PR]
by itoito1014 | 2017-06-08 16:02 | お外おいしいこと

アトリエコータ再び

3月31日~4月5日に東京へ行っていた備忘録その④

4月3日は、お嬢が大学へ説明会に行っていた

その間の私と言えば、お嬢の部屋のゴミを捨て、

ホームセンターへ行って、ラックやら、物を置ける台を買って、設置したり

重労働をしておった。

そして、4月4日。

朝、長女が夜行バスで東京に出てきた!

んで、3人でお出かけ。

先ずは、予備校へお嬢が、合格作品の再現制作を提出しに。

実技重視の学校なので、合格再現制作は必須なのだ(頑張ったね)

それから、アトリエコータ

食べログは→アトリエコータ

1度来た所を再訪するのは珍しい私たち。

でも、このカウンターデザート大好きになっちゃったの!



私はフォンダンショコラ

b0199304_16243685.jpg


中を割るとははは~~~(笑)

b0199304_16233644.jpg

とろとろーーーって、知ってるけど、うれしいーー



下のお嬢は

タルトタタンローズマリー風味カルバドロスアイスクリーム

b0199304_16234514.jpg


上のお嬢は遠くて写真撮れず(orz)

確か、モンブランカシスだったと思う。


いやーー美味しいっす

そして、できたてという至福。

目の前で作ってくれると言う、エンタメ性


そんで、われわれは、追加をオーダー

3人で2個のパンケーキを


イチゴのスフレパンケーキ


b0199304_16234920.jpg

もうね、ほわんほわんで、至福、至福。

もう一つは、ピスタチオのスフレパンケーキだったと思う。

最初は3個オーダーしようとしたら、

それは多いと思う、と止められたんだよん(笑)

アトリエコータ、素晴らしく楽しいっす。

また、東京へ行ったら必ずリピしようと思う





そこから、3人は、新宿方面でお買い物&ブラブラ

夜になって帰宅途中に

最寄り駅で海鮮を食べた。

b0199304_16235347.jpg

何だか、贅沢なビジュアルだけど、めちゃコスパが高くて

良心的なお店であった(すごい!)

おっさんが多かったけどな。

ここも、リピするな~~









[PR]
by itoito1014 | 2017-05-11 16:38 | お外おいしいこと | Comments(0)

ヴェンタリオ@マンダリンオリエンタル

長らく、ブログを放置している間に、

春も去りそう。

我が庭では、バラが咲き始めた。




しかし、備忘録を完遂しとかんと・・・

3月31日~4月5日に東京へ行っていた備忘録、その③

4月2日(日曜)は、お嬢が友達と出かけたので、

私は一人ぼっち(よよ・・)

そんで、一人でも楽しめる何かは?

と考えて、マンダリンオリエンタル東京へ行った!!!

そこへ上がる前に、道でマリオカートを見たという訳

行ったのは、2階の地中海料理ビュッフェのヴェンタリオ 

ビュッフェに行った事がなかったので、全制覇を目指して、

そこなら、一人でもで楽しめるのでは?と考えて。


いっつも、最初は写真撮る気マンマンなれど、

いざとなると、その勇気なしの自意識過剰?

いや、やっぱり恥ずかしいのだ!


コールドカッツと生野菜

b0199304_16251634.jpg

そして、スープ、フォカッチャ、あとは忘れたなーーー

b0199304_16252203.jpg

そして、パエリアとトーストビーフが一皿に・・・

ローストビーフが美味しかったなあ~

b0199304_16252750.jpg


これだけで、胃袋小さい系なのでおなかいっぱい

なので、デザートばい!
b0199304_16253168.jpg


もう一皿のデザートはジェラート中心

このジェラート上品で美味しかったなぁ~~
b0199304_16253562.jpg

堪能しました、一人でも(笑)

あと、マンダリンで行ってないのは、お寿司やさんだけなんだけど、

そこは、何だか敷居が高い

外国人向けな気もして、足が向かないな・・・

でも、いつか行こう!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村




[PR]
by itoito1014 | 2017-05-09 16:40 | お外おいしいこと | Comments(0)

祝杯を挙げる@センス

この前の3月12日~15日に東京へ行っていた備忘録

13日の発表の後、

お嬢は早速他県から帰って来て、

14日には2人で必要書類を提出に出かけ、

帰りにお祝いディナーをした

場所は大好きなマンダリンオリエンタルホテルの37階のセンス

中華だっ!!!

センスはスカイツリービューだよん

b0199304_16231168.jpg

あんなに大きく見えるスカイツリーが、

写真ではちっさっ(汗


アミューズ

何やらの野菜(忘れたなー)

b0199304_16221812.jpg
前菜

北京ダックと彩り野菜のコンビネーション

暗くてよく見えんな・・・

b0199304_16222462.jpg



沖縄産東星ハタの葱生姜蒸し

とってもレアな一品

ここはこれがウリみたい

b0199304_16223998.jpg


タラバ蟹入りヒスイスープ

他のが少量なのに、このスープはでかい

スープで腹を膨らませよう作戦か・・・

b0199304_16223008.jpg

新潟産越後もち豚の酢豚

b0199304_16223464.jpg

ご飯物は炒飯
b0199304_16224541.jpg

包まれていたのでふたを開けると

海鮮が!

海鮮炒飯でした

b0199304_16224962.jpg
デザートはマンゴープリン

間違いないうまさで笑顔

b0199304_16383292.jpg

後はお茶と小菓子

という所まで来て、

お祝いプレートがきたっ!!

b0199304_16225575.jpg
めちゃ特別感があって、

うれしゅーてうれしゅーて、

親子で大大感激(笑)



それから小菓子とお茶

b0199304_16385025.jpg
小菓子と言えども、蒸しパンだったけー

腹に来たなあ~

そういう作戦らしいぜ



これで帰っても良いのだが、

バーに行ってさらに特別感を深めようと(笑)


バーでカクテルを頂く

おにーさんに相談して、

こーこーこんなカクテル飲みたいのと、

そしてオリジナルカクテルとお嬢のモヒート

b0199304_16390796.jpg

窓の外の景色が完璧

宝石箱ですな~~


イケメンのおにーさんに記念撮影もしてもらった

特別感満載の日であった。

ううう、うれしーーー







にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村


[PR]
by itoito1014 | 2017-03-29 16:54 | お外おいしいこと | Comments(2)

東京グルメツアー⑥シグネチャー@マンダリンオリエンタル東京

9月1~4日に東京へ行っていた備忘録

3日(土)にマンダリンオリエンタル東京http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/に宿泊した。

その際のキャッチフレーズは「マンダリンを遊び尽くす」だった。

その為の具体策は①メインダイニング、バーに行く

②ジム、ヒート&ウオーターエクスペリエンスを利用する

③ルームサービスを利用する

しかし、ここで、なかなか両立しない部分がある。

それは、お腹が1人一つ(当たり前)

その上、我らは小食(さえん事)

食べ過ぎは常にハッピーになれない。むしろ残念感ばかり募る。



最近のマンダリンオリエンタル東京は、少しお得なプランだと

常にチェックインが「午後4時」になってる。

よっぽどラックレートに近いレートじゃないと

午後3時チェックインのプランはお目にかかれない(相当高いよ,マジで)

午後4時チェックインで、メインダイニングもルームサービスもって、

小食な我らにはちと無理ちゅーもんじゃ(残念無念)



ほんで、考えに考えて・・・・

もっと早い時間からマンダリンに行こうじゃん、

て事で、ランチをメインダイニングのシグネチャーでと考えたのだ。




ここのメインダイニングはセンス(中華)http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/fine-dining/sense/



センスは以前に利用した事があるので、次はシグネチャーでとおもっていた。


午後1時半予約でリクエストは「眺望の良い席」としておいた。

1ドリンク付きで、お嬢は白ワイン、私はお酒でなくてマンダリンオリエンタルティー

最初はカナッペ

めちゃちっちゃいけど、お味はしっかりしてる。

左のは中にクリームチーズ

b0199304_11240837.jpg

それからプレ前菜

ニンジンが層になった物と肉団子的な何か(笑)

b0199304_11241447.jpg


それからパンが運ばれてきた

バターの効いた柔らかいのと、天然酵母のバゲット

b0199304_11253898.jpg

ちっちゃいバゲットは特にハシがバリバリでかたーーい

前から、画像で見たことがあるので、固すぎないか?と思っていたけど、

想像通り固すぎ(ま、おいしいけどね)

こんなに小さくしたらそうなるじゃろ

歯が丈夫じゃないといけん(笑)




そして、バター

ふわっふわだったので、ホイップしてあったと思う(いちいち手が込んでるで)

b0199304_11253429.jpg



やっと冷前菜

お嬢のは「鮃のカルパッチョ軽いエピス風味トマトのムース、

ヨーグルトのソルベ」(長い)


b0199304_11243864.jpg



私のは「パテアンクルートアプリコットとオニオンのマリネ

セロリラブのマスタード」(ながっ)

パテアンクルートっーのは、肉的な物をパイ包んで棒状になっている。

それを目の前でカットして仕上げてくれた(エンタメ感あるね)

b0199304_11242664.jpg


お嬢の温前菜は「ビーツのタルトレットと国産コキアージュベーコンのカプチーノ」

b0199304_11250481.jpg


私のは「鰯のマリネカリフラワーとコリンキーのギリシャ風 

ニース風ソッカ」(長すぎ)

しかし、ビジュアルはとっても美しい

しかし、鰯だよ。。。と思うと有り難みも半減だが(鰯差別なり笑)

でも、めちゃめちゃきれい(でもちょっと生臭いw)
b0199304_11245436.jpg


ここからは2人共同じ

魚料理は「本日の魚のブイヤベースサフランライスとパセリ」

b0199304_11251111.jpg
魚のダシが効いたスープの下にサフランライスがいた

向こうに添えられたのはトマトなどのムース

後から入れて味を変える為、

そうすると変化が出て、最後まで飽きずに食べれる(うまいよ!)

小食は我らは、ここまででお腹が8分目まで来てた。

ここまでは、ちまちました料理ばっかりだったのに!


肉料理は「鶏胸肉のグリエ ソースディアブル ケッパーを効かせたポンヌフ」

b0199304_11251927.jpg
これが、ボリューミーな事。

これまでのちまちまは何じゃったのか?という程。

「鶏胸肉・・・」となってるけど真ん中のが胸で右下のはモモ

この肉たちがでかい(さすがにメインですな、うえっぷ)

出てきた時に、親子で顔を見合わせて、「食べれん・・・」とつぶやいたぞ

しかし、頑張った。一生懸命に食べた私たち。




そして、完食して、お皿を下げに来て下さった時に、

意を決して言った

私「もう食べれない、この後は宿泊予定なので、お部屋に運んでもらえない?」

サービス氏「・・・・溶けるので難しいです」

私「・・・・仕方ないので、食べます・・・・」

とあい成り、デザート「チョコレートとコーヒーのガナシッシュ 

塩キャラメルのクルスティアン オペラのアイスクリーム」

b0199304_11252672.jpg
正確には一番下のチョコレートのアイスが溶ける物。

ほかはムース状なので溶ける溶けないで言えば、溶けるけど、アイスほどじゃない

でも、1プレートで言えば、溶ける物ですね(そうそう)

非常に頑張ろうと思って、一口食べたら、

これが、美味しくて、以外にも、スイスイ食べれた(どーなんよ!)

んでも、この後に、小菓子がある。

さすがにこれは無理なんで、お部屋にお願いした。


もーお腹いっぱい!




東京の街中。銀座の近く、6☆ホテルの中の

ミシュラン1☆シグネチャー

おいしゅーございました。

しかし、もう1回行くか?と聞かれたら、

答えは「ノー」

やはり、次はセンスに行きたい。

美味しいけど、センスの方がもう1段上を行くと思う(お値段もだけどな)

そんなシグネチャー体験。

お値段8000円で1ドリンク付き(税、サービス料込み)は妥当。

大都会のフレンチならこの位だ。

特に高くも安くもない。














[PR]
by itoito1014 | 2016-09-16 12:43 | お外おいしいこと | Comments(0)

東京グルメツアー④アトリエコータにて

9月1~4日に東京へ行っていた備忘録

2日の朝兼お昼でうなぎを食べた後、

午後3時に予約しておいたアトリエコータ→http://www.atelierkohta.com/に行った。


東京では、かなり有名店の模様なのだけど、

私はそんなこっちゃ知りゃあせん(笑)

なぜ選んだのかと言うと、クレープシュゼットが食べたかったから。

目の前で作ってくれないと意味が無いのだけど、

なかなかやっている所がない。

作る自体がエンタメ要素たっぷりなの(素敵)




全部で9席。

カウンターで作る過程を見せながら提供してくれるお店。

予約で全部は埋めていないとの事だけど、

待ち時間を短縮させるには、予約は必須。

予約は、毎月1日~15日分を、前月の15日から受け付け。

16日~31日分を当月1日以降で受ける(と電話で言われた)




神楽坂って、初の場所だった。

意外と狭い坂道沿いに、とってもおされなお店が並んでおった(ゼーゼー)

その道からさらに脇にそれて、行くべきお店を発見(ちっさい)

午後3時ぴったりにドアを開けると、L字型のカウンターの向こうで店主らしき人が作業中。

ウェーティングには一組のカップルがいる。

約20分ほど待ち、席へ案内される。



メニューを見ると

900円~1300円くらいのスイーツと

お茶が550円~600円くらい。

もちろんシャンパンなんつーのもあるが(隣のカップルが飲んでた、いいな~)

意外とリーズナブルだわ!



オーダーすると、私のクレープシュゼットが早速作られ始める。

クレープを焼いて、それから

フライパンでフランベ☆☆☆








目の前で作るのって、それだけで楽しい。

エンタメ要素たっぷりだ!

いつも思うのだけど、広島風お好み焼きも同じだよね
                        
                           自分のが目の前で徐々に出来上がるのを見つめる、

それだけでワクワク感が高まる(嬉)

よ~~く煮たアツアツのクレープに濃厚なバニラアイスクリームを乗せて出来上がり~~

美しい(ホレボレ)

甘く、ほろ苦く、熱く、冷たい


b0199304_11340420.jpg





お嬢のオーダーはマスカットのグラスデザート

ブランマンジェ、マスカットのグラニテ、バニラアイスクリーム、クリームなど

色々な味が層になっている。そして、焼きたてアツアツのフィナンシェが添えられている。

お嬢は、フィナンシェと言えば、セブンイレブンのをおばーちゃんに、

いっつも食べさされて、どーも好きじゃないらしかったけど、

この焼きたてのは、「!!!」と驚くほど美味しかったそーな。

感激しておった。

いろんな物が層になって入っていて、楽しい味だったんよ


b0199304_11382487.jpg

そこから、できたてならではのスフレを頼みたかったんだけど、

メニューにスフレがない。

店主のコータさんに聞いてみたら「4~6月はやってました」との事。

ほんで「またそのうちやります」だって!

もしや、スフレは冬物なのか?と思ったけど、聞けなかった。

ピスタチオのスフレ食べたかったな~~

その代わりと言っちゃーなんじゃが、

ふわふわのパンケーキでも、とも思ったけど、

お腹が言うこと聞かなくて(かなりいっぱいだった)断念。

もうちっと、お腹空かして行けば良かったなあ(後悔)



しかし、思っていたより、リーズナブルだし、予約すれば待ち時間は少ないし、

何度も行って、いろいろ制覇してみたいと思った(やる気満々なり)




               

初めて動画を張り付けた。

何かめっちゃ難しかった

肩コリコリや002.gif












[PR]
by itoito1014 | 2016-09-12 12:27 | お外おいしいこと | Comments(0)

東京グルメツアー③川栄



9月1日~4日の東京での備忘録

2日ランチに北区赤羽の川栄http://kawaei.net/に行った。


行った理由は、末娘の住まいに近いから。しかも美味しいから。

赤羽駅の東にあるうぞうむぞうな飲み屋街にど真ん中。

昼からビール飲む大人多数な所。超下町。

私の行動範囲ではとても行かない所だけど、美味しい店として有名らしい。

広島ではネットしていないテレビ東京の人気番組の影響もあるらしい。

前に、テイクアウトで食べた事があって、その時も美味しかった。

その時は、あまりにも行列していたので、断念してテイクアウトにしたのだ。

今回は、予約をしておいた。

開店時間の11時半に行くと、既に行列が5~6人。

東京ってつくづく大変な所だな~と思う。

行列に慣れないと、少々おいしい物は食べれないほど、人が多いんだもん。

オーダーはまず「合わせ盛り」

何が合わせ盛りかと言うと、ホロホロ鶏

ホロホロ鶏のささみとどっか(忘れた)刺し身とモモのたたき、

鶏肉のさしみはちょいと抵抗がある。

なぜかと言うと、長女が2年前に鶏の刺し身でカンピロバクター感染を起こした経験があるから。

カンピロバクターは事によっては、

ギランバレー症候群という難病にも発展する確率もあるという怖い菌

幸い、長女はギランバレーにはならなかったが、鶏系の刺し身には相当抵抗がある。

しかし、そこは、グッと目をつむり、超オススメされたので頼んだ。

お店の人は「提供から1時間以内に食べて下さい」とのたまっておった。

やっぱ、暑いし、生ものなので、かなり気を使っていたんだろうな(そうだろうね)


b0199304_11280054.jpg

そんな雑念でいっぱいになりながら頂いたホロホロ鶏は

お刺し身はワサビ醤油で、むっちりとしてうまい~~~

タタキはニンニク醤油で、こちらもうまい~~~

どちらも、脂が少ない。あっさりとして、鮮度の良さもビシビシ感じられて、おいしい。

お店の看板メニューなのが分かる!!!




それから、メインのうなぎ。

予約時に「しのび」って言っていたのだけど、

なぜか、普通のになってた(ま、どっちでもええけどね)

上なのか、特上なのか、まったくこちらには分からないまま(???)

お重にしてもらったのが↓

b0199304_11280778.jpg

お重に薄く広げられたご飯の上にのったおうなぎ様。

何か、少なそうなんつって重いつつ、ほおばると!

なんじゃ、うめぇーーーー

あ、前にテイクアウトしてたから、知ってた(笑)

いや、テイクアウトとできたてアツアツの味は、天と地ほどの違いが!

焼きたては、ほんまにうまい!!!

タレは、醤油感の強い辛め。

西日本では味わえない系。

西日本ではみりんか砂糖の味が勝ってて甘めだから。

西日本人だけど、この甘めのタレより、辛めが好きな私。キリリとしてウマイよ!


てんこ盛りのお漬物と肝吸いも付いて


b0199304_11280476.jpg

何も、そんなに漬物付けなくても、と思うほどの量が付いてる。

残そうかとも思ったけれど、もったいないしと食べた(貧乏性なの)

最初、少なそうに見えたけど、

胃袋小さい系の親子は満腹になった。

後で、レシートを見たらうな重は2500円だった。

メニューを見たら、特上らしい。

さっき焼きました。ほやほや~でこの量で、この味で2500円とは、

とてもコスパが良いじゃないか!

また来ます!お嬢の家から近いんで☆☆☆












[PR]
by itoito1014 | 2016-09-09 11:57 | お外おいしいこと | Comments(0)

東京グルメツアー②CHEF'S

9月1~4日に東京へ行っていた備忘録

1日の夜、新宿の東あたり


こぢんまりとしたお店

あらかじめ予約はしていたけれど、平日の木曜のせいか、満席ではなかった

まず、前菜。

上品なマダムからオススメされた3品。

でも、オススメされなくても、オーダーしようとしていた3品であった。


b0199304_12124044.jpg
赤ピーマンのマリネ、少し甘く、爽やか(ウマイ)

左奧は小アジの素揚げアニスソース、アニスの香りが素敵(ウマイ)

右奥はウリの何か(忘れた)

末娘がウリを一口食べて、美味しいけど、好きじゃないと言ったので

私が食べる事に(多いな・・・)



それから、マダムオススメの春巻き

写真で見てたら大きそうに感じるけど、

実際見ると、普通サイズなので、大きくはない。美味なり

b0199304_12123300.jpg



それから、それから、またまたマダムオススメの活き車エビの香り蒸し

1人1匹、あっという間に取り分けられてた。

ご飯が美味しいスープを吸っておいひーな☆☆☆


b0199304_12122453.jpg


肉ものは黒酢豚

甘くてカリカリで熱々で少々酸っぱい

おいひーな、はふはふ

どれも、美味しいくて、写真取り忘れて、あ!って思い出すもんだから、

一口食べた後になってしますのじゃ(アカン人!)

b0199304_12120516.jpg

ここまで食べたら、小食な親子のわれらは

もうお腹がほぼいっぱい。

本当はタンタン麺か炒飯か頼みたかったけど、お腹が受け付けないのよ

とマダムに言うと、

「デザートは?」とのたまうので

「そうします!」

マンゴーゼリー

マンゴープリンは大好物だけど、ゼリーか・・・なんつって思っていたのだが、

え?半分以上マンゴーじゃん、ゼリー感よりマンゴー感高くておいひーな(嬉)

b0199304_12121207.jpg


お譲は杏仁豆腐

こちらもフルーツも杏仁も

「わーー」って笑顔になる美味しさ、幸せ

b0199304_12121823.jpg

デザートまで食べると、お腹は満腹

いやー美味しかったです。

どうも、冬場の上海ガニが名物らしいので、

次は11月以降に行って、トライしたいです。

ごちそうさまでした。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村









[PR]
by itoito1014 | 2016-09-07 12:50 | お外おいしいこと | Comments(0)

ラ・セッテにて

先日、久々の友人とla setteにランチに行った。

食べログはこちら

広島市では、イタリアンでは一番評判が高いと言われている、ラ・セッテ。

しかし、街中から徒歩で行けないくて、

市電で最寄り駅は横川方面の別院前。これがハードルとなって、

いつか行きたいと思いつつ、これまで行けていなかった。

んで、お友達を誘って、初訪問。

予約していたら、屋内を抜けて、テラスみたいな所へ通された。

予約人はみなそうみたい(明るくて良い席だ)

テラスみたいと言えとも、外ではないので、冷房は効いている。



食前酒は柑橘と白ワインのミックス

b0199304_14141765.jpg



前菜プレート

キッシュ、ロースト太刀魚をパイのように層にした物、

豚肉のパテみたいなの、ラタトューユなどなど

b0199304_1415985.jpg



スープはミネストローネ風の(温かいのって言ったから)

b0199304_14153387.jpg



パスタは大好きなニョッキで,お友達はサーモン

b0199304_1416121.jpg



メイン豚肉のグリル、

b0199304_14165349.jpg



デザートはブリオッシュとピスタチオのジェラート

b0199304_14171949.jpg





これで3000円なのは申し訳ない位。

細部に渡って手が込んでいて、とっても美味。

なんで、もっと早く来なかったのか?と思ったほど。

コスパ素晴らしい。

つくづく、東京都とは物価が違うなーと思う。









にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2016-08-24 14:27 | お外おいしいこと

鮨処ひと志にて

長女が「ボーナスが出たけ、ランチに行こう」とのたまう。

どーもおごってくれるらしい(嬉!)

「どこがいいかね~」なーんって言ってたけど、

長女は内心決めてたらしい。「ひと志」に。

広島版ミシュランで☆付きのお寿司やさん。

私の仕事場に近くて、スタッフで行ったりもするけれど

長女は未体験「ずっと行きたい」と思っていたそうだ。



お店に入ると、高級感バッチリで、慣れない一般ピーポーのおばちゃんはううう~~ってなる。

行ったことあるとは言え、カウンター鮨は圧迫感ある。ううう~~

なので、写真撮れないのは必定なれど、

何と!お隣のおばあさま、もとい、おばさま連れが、写真を撮っておる!!!

ので、私も!「撮っていいですか~?」と大将に声をかけてみる(勇気を振り絞ったぜ!)

すると「どうぞ、宣伝して下さいね」とのたまう(ありがとさん~)



付きだし、イカのぬただった(と思う)

b0199304_11432977.jpg


それから、ガラスの器に、1貫づつ、にぎりが置かれていく。

イカとひらめ(だったかな・・・)


b0199304_11451184.jpg


細かく包丁を入れたイカにスダチと塩がかかっている。

イカの甘みが立ってなおかつ爽やかな一品(今後を期待させる)



えび、マグロ

b0199304_1145289.jpg


安定的なうまさなり。





いくらとウニは小さな丼状で

b0199304_11513481.jpg


しかし、スプーンは出てこないので、お箸で。

日本橋の鰤門ではスプーンがあったけど・・・箸は食べにくいねぇ~

海苔ものってたけど、海苔はいらんなーと思った。

あれこれせずに、いくらだけでもOKじゃと思ったよ。


アナゴ、クエ

b0199304_115457.jpg



長い事(何時間かと言ってたと思う)煮て、出す前に炙る

軟らかいのに、香ばしい。表面パリッ、中はフワッ

クエが出るなんて、ビックリ!


なめろう

b0199304_11584346.jpg



広島菜ロール

b0199304_11594386.jpg



つみれ汁。お碗も何ともキュート

b0199304_12011100.jpg



デザートの白玉

b0199304_1212049.jpg



広島では、江戸前のような仕事をするお寿司は少なくて、なじみがないのが普通

私的には、仕事がしてあるのを頂くと、

「何ておいし~の!すごい!」ってなる。

美味しい素材をさらに美味しくする術だと思うのだ。

なので、もう、仕事をしてないお寿司は食べられん。



あ、そうそう。

ミシュランの話をした。

2回来て、全く分からなかったそう。

3回目に、「これこれこーゆう者ですが」って言われて、そこで写真を撮って帰ったそう。

その覆面ぷりがすごいね~なんて、話した。

「一見さんでも、常連さんでも、同じように接客してたから評価されたのかな~」なんて思ったそう

「そうね、そうね」と頷いたのだ。



それからおとなりのおばさま連れが

「東京でフレンチをよく食べる」とのたまうので、

「今はどこがオススメですか?」と尋ねると

「そーねー、今はアマンかしらね」と言ったので、おったまげた!

失礼ながら、70オーバーのおばさまから、広島で「アマン」の言葉を聞くとは!

おばさま「アマンは泊まると10万以上するから、帝国に泊まって、ディナーをアマンでするの」

私「帝国にも良いレストランがありますよね」

おばさま「そうね。でも帝国のフレンチはちょっと古いかも。アマンはナウイわよ」

それを聞いて、先月、アマンでディナーをした長女と顔を合わせて、!!!!ってなった。

ナウイと言う古い言葉以上に、アマンに衝撃。

私はアマンではアフタヌーンティーしか体験がないので、

是非ディナーも・・・な~んっつて思った。



そんな鮨ランチの時間。

ごちそうさまでした。





にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2016-07-27 12:27 | お外おいしいこと | Comments(0)