狭い庭で育てるバラ約40種とハーブなどなど、そして日々製作する手作りせっけんの記録


by itoito1014

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
手作りせっけん
教室
せっけんの横道
ハーバルなこと&手作り化粧品
アロマ
ロザリアン的
山繭
日常
お外おいしいこと
お家おいしいこと
お買い物
ホテルステイ

イベント
たおさんの講座
石鹸講座スペシャル@広島
未分類

最新の記事

ミヤカグ~素敵な暮らし塾9月..
at 2017-09-20 15:52
ミヤカグの9月、10月
at 2017-08-25 15:26
ジュレ作り⑤
at 2017-08-03 15:46
ジュレ作り④
at 2017-07-31 16:36
柿の葉せっけんをお届けしました
at 2017-07-21 16:18
ジュレ作り③
at 2017-07-08 23:54
ジュレ作り②
at 2017-07-07 15:51
ジュレを作りまくる
at 2017-07-05 11:38
ミヤカグ講座6月分終了しました
at 2017-06-26 12:46
庭の山椒でちりめん山椒
at 2017-06-22 15:30

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

>mamakoさん お..
by itoito1014 at 15:52
ちょっと計算してみました..
by itoito1014 at 15:06
>Annieちゃん! ..
by itoito1014 at 14:30
わたしも家族旅行で行った..
by Annie at 02:30
お久しぶりです。長野良い..
by mamako at 15:39
遅くなったけど、先日はお..
by mamamko at 09:22
セクラさん。 すみませ..
by itoito1014 at 23:22
かわいくできてるじゃない!
by Annie at 22:19
>まささん コメントあ..
by itoito1014 at 22:52
シーベリーとひまわり油の..
by まさ at 10:46

検索

記事ランキング

フォロー中のブログ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

画像一覧

タグ

リンク

ライフログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

ハンドメイド
グルメ

<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日のバラ2013.5.25~ウィリアムモーリスはおススメ

バラ界には流行というものがある。

毎年毎年新しい品種が、華々しく発売されて

そして消えてゆく。

新しいものや人が持っていない品種が欲しい

という気持ちは、わからないではない。

けれど、一時バラ熱を上げて、

そして少々熱が平熱程度まで下がっている私は、

新しい品種よりも、

発売から時間が経ち、今もなお愛されている品種は秀逸、と思う。

ERで言うと、ヘリテージ、メアリーローズ、ゴールデンセレブレーション、アブラハムダービーなど

廉価もの。珍しくも何ともない品種。

けれど、花が美しく、何より強健で育てやすい。

だから多くの人から支持を受け、残るのだ。

ゴールデンセレブレーション買おうかな~~と思案中

ウチの、ウィリアムモーリス(ER)も最近は売っているのを見ないような・・・

でも、可愛いカップ咲きでコロンコロン。

大きく育てたいのを探している人にはお勧め

ここの一番左側に植えてる。

b0199304_0195216.jpg



b0199304_020790.jpg



こちら、アルシュデックジョセフ(ティー)

b0199304_0212982.jpg



ファンタンラトゥール(K)もずいぶん花数が少なくなってきた。

b0199304_0225540.jpg



今日は、庭の手入れを少々。

ビオラを抜いて、ペチュニア系に

下草を抜いて、花がらを摘んで、花後の追肥を

あ、ちょっと早かったかな・・・でもいいや、ついでじゃ

ってカンジで例のカニガラ、コンブ、ブラドミン、秀じい、馬糞、牛糞をやっといた。


↓今日のバナーはジェフハミルトン(ER)
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-26 00:27 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013.5.23~バラ庭は最終盤

早咲きは終わり、2番花の蕾が出てきた。

遅咲きが満開になって、

いよいよ最終盤の装い。

樹勢の良いアンジェラ

どのように扱えばよいのか、迷ってしまう。

もっともっと壁面を覆うようにしれやれば

良さを伸ばしてやれるのだけど、

その壁面が、ない・・・

b0199304_23164769.jpg


b0199304_23173894.jpg


もう一つポールズヒマラヤンムスクも満開

これも、樹勢が良すぎて、扱いが難しい

もっと壁面ほすいぃ~

b0199304_2318532.jpg


まだ、アップしていなかった白を。

メイベルモリソン(HP)

カップ咲きがかわゆい

b0199304_23192099.jpg


最終版の庭を東から

b0199304_23194288.jpg



西から


b0199304_2320728.jpg



道から

b0199304_23202389.jpg




おフランスのバラをバナーにしてみた↓
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-23 23:22 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013.5.21~ザジェネラズガーデナーを見直す

ザ・ジェレラズ・ガーデナー(ER)は、

樹勢が良すぎるほど良くて、すごく大きくなる。

棘が大きく、枝も太い。

誘引はなかなか大変。

花付きは良い。

が、蕾が開いたと思うと、端から散る。

開いている間がほとんどない。

なので、私の中では、

「大きくなりすぎて、手に負えない。しかも花が面白くない」

星を付けると★★☆☆☆

つまり星2つ!

と思っていたが、

今年、改めてカメラ越しに見て、

バラの花は、開くまでが美しいものも多い

と考えたら、開いてから短くても、

それまでに十分時間をかけて見せてくれているのではないか?

と思うようになったのだ。

そうすると、開いた姿は何ともはかなく見えてくる。

b0199304_23441770.jpg


b0199304_2346116.jpg



いっぱい花びらを散らして(P曲がっとるぅww)

b0199304_23462819.jpg




にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-21 23:48 | ロザリアン的 | Comments(0)

ため息のルーフガーデンを訪ねて

先週はバラがピーク

どこへ行っても良く咲いている

と言うことで、急遽、街中の屋上で

バラ栽培をされているお宅を訪ねた。

付近は住宅密集地で、とてもバラがたくさんあるとは思えない。

けれど、屋上へ上がると、

一体何本あるのだろう?

100以上はある。もしかして、200本行くかも?

それほど、隅から隅までバラで埋め尽くされたルーフガーデン。

驚きと、感嘆のため息が出る。

やはり、私が一番好きなのは、同系色のオールドローズが5本位

並んでいるスクリーン

ブラッシュダマスク(ダマスク)、ファンタンラトゥール(ケンティフォーリア)

などが並んでいる。


b0199304_15203111.jpg



こちらもオールドローズのスクリーン。

はかない感じで咲くのが良いのだ

b0199304_15315136.jpg



淡い色の花の中で存在感がある

ベルベットレッドのトレディスカント(ER)


b0199304_15334320.jpg



ピエールドロンサールは、4本でアーチにしているとか。



b0199304_1535591.jpg



これはガゼボ?と言うのかな



b0199304_15401399.jpg



今年はフランスのバラも光っていた。

フランスのバラは特徴的。

房咲きで花首が強く、ピンと上を向いて、花色がグラデーション

何とも豪華

b0199304_15405879.jpg
b0199304_1541891.jpg


フランスのバラの中で、私の購入リスト入りしているのが

ローズ・ポンパドゥール(デルバール)

巨大輪ですなぁ~

b0199304_15454353.jpg




元々土のない場所で、これを維持するのは、並大抵ではない。

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-19 15:47 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013.5.18~果たして不明バラは何なのか?

バラ庭は、あっと言う間に遅咲きが中心になりつつある。

クィーン・オブ・スウェーデン(ER)

ずっと地で調子が悪かったので、今年は鉢上げして、

一番日当たりの良い裏庭で養生。

ERにしては花首がしっかりしていて、ピンと上を向いている。

b0199304_2128847.jpg



マダム・アルディ(ダマスク)

純白のロゼット咲きにグリーンアイは魅力的。

繊細そうで意外と強健。


b0199304_21314883.jpg



そして、次のこれは何だったか?これが問題よ。

私の記憶では、切り花品種のベビーロマンティカなんだけど、

アンドレ・ル・ノートル(HT)のような気がしないでもない、

と言うか、姿はその可能性の方が高そうに見えるから、

混乱してしまう。

て言うか、見れば見るほどアンドレ・ル・ノートルだ。

いい加減、認めないといけない。

え~~!じゃあ、ベビーロマンティカはどこへ行ったんかい!?

結論:名札は必須


b0199304_21443565.jpg




最後にまた、ピエール・ド・ロンサールでお口直しをしよう


b0199304_21464473.jpg



明日は1日雨の予報。

散るなぁ~

にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-18 21:52 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013.5.16~本当のピエールを知った時

記憶は定かではないが、7年位前には植えていたと思うピエールドロンサール

華々しいカタログの写真、

ピエールでバラにはまったとか言う体験談、

ピエール絶賛の話を何度も聞き、

すでに植え場所もないくらいバラを植えていたにもかかわらず購入ししてみたのだ。

「すごく咲く」とか、いっぱい聞いたにも関わらず、

我が家では全く泣かず飛ばす。

1期咲きだから春に会えないともう会えないのに、

毎年1~2輪しか咲かなかった。

「ピエールは難しい」これが私の結論だった。

ちょっと、いや、かなりピエールが嫌いになっていた一昨年、

場所を変えてみた。

やはり咲かなかった。

今年、肥料を変えてみた。

何と!驚くほど咲いた。

今までのはなんじゃったんか!

というほど。咲いた。

やっぱりピエールは美しい。


b0199304_2344939.jpg
b0199304_2351175.jpg
b0199304_2353738.jpg


花びらの数の多さ。アンティークタッチのカラー&形

どこを取っても人を引き付ける要素が揃っている。

ただ、1期咲きと言うことと、香りがない、これだけがね~

これが揃えば完璧


もう一つ、遅咲きが開いてきた。

ザジェレラズガーデナー(ER)

b0199304_23104522.jpg



ポールズヒマラヤンムスク、これが満開になる頃にはバラも最終盤だ

b0199304_2312076.jpg



表庭を東から


b0199304_23123945.jpg



西南から


b0199304_2313430.jpg



週末の土日は雨らしい。かなり散るだろう。

少し残念。


にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-16 23:15 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013.5.14~バラ庭は中盤に

バラは中盤を過ぎ、遅咲きが揃う玄関前もにぎやかになってきた。


b0199304_22182737.jpg



ウィリアムモーリス(ER)とつるアイスバーグ(クライミング)、ザジェララズガーデナー(ER)を植えている

ウィリアムモーリスはコロンとしたフリルのアプリカラー

b0199304_22211392.jpg



ザジェレラズガーデナーは樹勢が良く、どんどん伸びるけど、

花足が早いのがたまにキズ


b0199304_22221624.jpg



つるアイスバーグはクリアホワイト

b0199304_22235032.jpg




フェンス沿いに植えたファンタンラトゥール(K)は朝日を浴びて

b0199304_22253824.jpg



アブラハムダービー(ER)は育てやすい。初心者にもおススメ品種だ


b0199304_22264616.jpg



最後にザジェネレラズガーデナーの後姿を

b0199304_22284488.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-14 22:30 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013.5.12~ドンのお目覚め


バラは毎日急激に咲きすすんでいる

ペルルデジャルダン(ティー)はバフイエローとカタログには書いてあるが、

目で見ると、ホワイトちょっとだけ黄色と言うカンジだ。

咲きかたも何とも愛らしい。


b0199304_22441143.jpg



アルシュデックジョセフ(ティー)の色は濃いピンクとオレンジが交差する個性的な色

咲きかたもぎぎゅっとクオーターロゼット的。強健なのがまた良い。


b0199304_22464178.jpg



そして、ジェフハミルトン(ER)は、毎年毎年よ~く咲く。

巨大輪で、大したもんだ!


b0199304_22474545.jpg



カトルセゾンブランムスー(モス)も咲いてきた。

モスモスした蕾から出てくる香の強い花は何とも可憐


b0199304_22543623.jpg



そして、我が家のドン、ERのアブラハムダービーのお出まし

これ以上ない巨大輪。ため息が出るほどの美しさ。


b0199304_22531394.jpg




にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-12 22:56 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013・5・9~数年来の懸案オドラータ

今日も気温が上がり、どんどん咲いている我が家。

超早咲きと普通咲きがいっぺんにどどっとやって来ている。

今日のスパニッシュはこんなの。5分咲き位か。

明日から雨というから、今咲いているのはかなり散るだろうなぁ~

b0199304_23301421.jpg



フランシスデュブリュイ(ティー)をまたショウコリモなく・・・

だって溺愛バラだから。

2鉢あるけれど、もうひと鉢は来週になりそう。

どうしてこっちの鉢だけ咲くのか、早咲きのDNAなのか?


b0199304_23323673.jpg



マダムアントワーヌマリ(ティー)もまたまた、

咲ききると褪色する、その色も見事なのだから、目が離せない。

b0199304_2334022.jpg



そして、来週には咲きそうな我が家のERの女王のアブラハムダービー

この蕾ときたら、開いたらどうなるのか!と期待を持たせるのに十分


b0199304_23354476.jpg



今日のトピックスはオドラータ(チャイナ)

これも、ピエールと同じく、4年ほど前にお迎えしたものの、

全く調子が悪く、きちんとした花を見れず、

ウチには合わないのかも・・・と思っていたが!

今年は鉢上げして、例のブラドミン5などをあげていたら!

どうよ!この透明な花びら!何と可憐なことか!

やっと、オールドローズ専門店の苗屋さんご推薦のお姿を拝むことがでた。


b0199304_2340625.jpg


オドラータは時には台木にすることもあるとか。

花を見ると、ちともったいないことだ。

それだけ丈夫と言うことなのかもしれないけれど。



にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-09 23:43 | ロザリアン的 | Comments(0)

今日のバラ2013・5・8~ももまんじゅうのお目覚め

次々に開花している我が家

スパニッシュビューティーは5分咲き位

今年は枝を少な目に剪定しているので、花も少ない


b0199304_22441053.jpg



フランシスデュブリュイ(ティー)は満開

このベルベットレッドの横に出るものはおりませぬ!

b0199304_22473123.jpg



同じくティーのマダムアントワーヌマリも開いてきた

b0199304_22482191.jpg



引いて見るとこんな、なんて可憐なのでしょう。

b0199304_22484897.jpg



アプリカラーのメアリーマグダレン(ER)も大好きなバラ

こても繊細な色&形の上、香りも特別、スパイシーであり、ミルラ的であり。


b0199304_22502933.jpg



一番開いてもまだじゃない?と思わせるコロンコロンのラレーヌビクトリア(ブルボン)

近年調子が悪かったけれど、今年は盛り返してきた

b0199304_22515043.jpg



スパニッシュビューティーよりも樹勢が良く、

今年はこっちが我が家のシンボルローズになりそうなファンタンラトゥール(ケンティーフォーリア)

b0199304_22533987.jpg



そして、ついにお目覚めの女王ピエールドロンサール

実は、8年位前から植えているにも関わらず、

未だかつてパンフレットのようにしっかり咲いたことがなく、

場所を変えたり、試行錯誤してきて、

今年、な、な、なんとめちゃ蕾を持っている。

多分、Oさんに教えてもらった肥料のせい。

今年はぜ~~んぶ調子良いいんだもん。

恐るべし、カニガラペレット&こんぶペレット&ブラドミン5!

b0199304_23127100.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by itoito1014 | 2013-05-08 23:03 | ロザリアン的 | Comments(0)