狭い庭で育てるバラ約40種とハーブなどなど、そして日々製作する手作りせっけんの記録


by itoito1014

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
手作りせっけん
教室
せっけんの横道
ハーバルなこと&手作り化粧品
アロマ
ロザリアン的
山繭
日常
お外おいしいこと
お家おいしいこと
お買い物
ホテルステイ

イベント
たおさんの講座
石鹸講座スペシャル@広島
未分類

最新の記事

台北旅⑪4日目午後は小慢で茶..
at 2018-08-15 11:52
台北旅⑩4日目午前は龍山寺へ
at 2018-08-09 21:26
台北旅⑨3日目は九份で宿泊
at 2018-08-06 16:37
台北旅⑧3日目は午後から九份へ
at 2018-08-02 23:37
台北旅⑦3日目の朝は十分(シ..
at 2018-07-28 22:45
台北旅⑥2日目午後は迪化街か..
at 2018-07-25 14:16
台湾旅⑤2日目のお昼は明月湯包へ
at 2018-07-24 10:46
台北旅④2日目の午前は国立故..
at 2018-07-23 17:34
台北旅③2日目早朝は世紀豆漿..
at 2018-07-22 16:17
台北旅②1日目午後はローカル..
at 2018-07-21 16:06

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

>mamakoさん! ..
by itoito1014 at 16:42
お久しぶりです。 私も..
by mamako at 19:35
>mamakoさん お..
by itoito1014 at 15:52
ちょっと計算してみました..
by itoito1014 at 15:06
>Annieちゃん! ..
by itoito1014 at 14:30
わたしも家族旅行で行った..
by Annie at 02:30
お久しぶりです。長野良い..
by mamako at 15:39
遅くなったけど、先日はお..
by mamamko at 09:22
セクラさん。 すみませ..
by itoito1014 at 23:22
かわいくできてるじゃない!
by Annie at 22:19

検索

記事ランキング

フォロー中のブログ

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

画像一覧

タグ

リンク

ライフログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

ナチュラルライフ
グルメ

台北旅⑪4日目午後は小慢で茶芸体験

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録


4日目の昼頃、龍山寺を後にした我々は

それまでず~っと電車にしか乗らなかったのに、

この日はタクシーを駆使

龍山寺前からタクシーに乗って永康街方面でぶらぶらして、

茶芸体験をしに小慢へ行こうと計画

タクシーを降りたのは小籠包で有名なデイタンファン本店前


b0199304_10495567.jpg
めちゃくちゃ人が多い!

道まであふれてる~

と横目で見ながら、通り過ぎて!

すぐそばの角を曲がると

b0199304_10500346.jpg


これまた有名店の高紀がある~

しか~し、これもスルー

だって、茶芸体験の予約が午後1時

ここらをウロウロしてたの午後0時頃

店の中に入ってオーダーしてゆっくり食べる時間なぞないのじゃ!

ここらあたりはおされなお店もあるので

それをめぐりつつ、かわいい雑貨なんぞの

お土産を物色して、

屋台でネギパンみたいのを買って食べつつ、

ゆっくり歩いて小慢

ぶらぶらしながら行くと丁度良かった

b0199304_10575185.jpg
店の佇まいは、「店」のようではない

そこがまた良し

b0199304_10580058.jpeg
店の中も静か

b0199304_10580436.jpeg

お茶を飲むだけでも良いけれど、

ぜひとも茶芸体験をしてみたいと、

フェイスブックのメッセージから

約1か月前に予約したおいた



b0199304_10581163.jpg
b0199304_10581466.jpg
デモストは日本人の方だった

選んで下さった3種の茶葉を使い

それぞれ3湯まで楽しむ

しめて9杯

小さな茶器ではあるけれど、

9杯飲むとかなりおなかがちゃぷん

それでもそれぞれ違う味がして

お茶の奥深さの少々を知れた




b0199304_10581798.jpg
終わりころに出されたお茶うけのお菓子たち

上品で甘すぎないお味

b0199304_11355702.jpg

奥の棚にパッケージされたお茶が


帰りにぎわツレが買っていた

「お土産にしよ~」とか言って

けど、これめちゃ高かったわ~

あげるのもったいないがな!ってなったほどや!

b0199304_10582121.jpg
オーナーさんの愛犬がおりましたよ

かわいいけど、正面から写真撮れず、、、



台北市内のごちゃごちゃしてる所ばかり行っていたから

この静かな場所で、

おいしいお茶をじっくり味わうと、

台北の違う顔を見れたようで

良い体験であった

また行きたい




[PR]
# by itoito1014 | 2018-08-15 11:52 | | Comments(0)

台北旅⑩4日目午前は龍山寺へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録

4日目の朝御華山莊民宿をチェックアウトの後

この民宿のご主人のタクシーで瑞芳駅まで送ってもらい

そこから電車に乗って台北市方面へ

ICカード使用なので瑞芳ー台北を各駅停車しか乗れず

約1時間ほどかかる(超ローカル鉄道の旅だ!)

この日の宿泊ホテルに荷物を置こうと

松山駅で下車

観光は最終日なので、行けてない所へ効率よく行くべく

この日はタクシーを駆使

松山駅からホテルまでタクシーでビュン

荷物を置いたら、またそのホテルでタクシーに乗って、

行ったのは龍山寺(ロンシャンスー)


b0199304_21190686.jpg




b0199304_21193569.jpg
台北市内最古で最も多くの神様が祀られているそうだ

観光客も多いけれど、地元の人も多く

みな一心不乱に拝んでいる

b0199304_21195819.jpg
b0199304_21194373.jpg
b0199304_21200260.jpg
天井まで美しい

拝むのにも順番やマナーなどがある様子

中の、職員らしき人が教えてくれたりするけれど、

手取り足取りではないので、

ところどころマナー違反があったようだけど、

分からないので仕方ない(許して!)



台北は食べ歩きだけでなくて、

こうした史跡も美しいし、

とても信心深い国民性も垣間見られて楽しい

厳かな雰囲気で、背筋が伸びる思いになった





[PR]
# by itoito1014 | 2018-08-09 21:26 | | Comments(0)

台北旅⑨3日目は九份で宿泊

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録

3日目、午前は十分、午後は九份を堪能した我々

夜になると台北へ帰る観光客がほとんどの中、

我々は九份の御華山莊民宿 に宿泊

何故かと言うと、帰りのバス、タクシーが非常に混む(らしい)

ツアーでない我々はそうなると右往左往すること間違いない(確信)

ツアー利用の人も多い(らしい)

できるだけ後の時間を気にせずにゆっくりしたい

そんな思いから宿泊する事に

調べてみると、九份には民宿がいろいろあった

ただベッドだけあれば良い、

とも思ったけれど、

九份は崖を登り、谷に這いつくばるようにできた集落

遠く海が見渡せる、絶景のロケーションの宿もチラホラ

そこで、調べに調べて選んだのがこの民宿

b0199304_16164283.jpg
海に向かって建つ合計4~5部屋の宿の庭には大きなガジュマル(みたいな木)


b0199304_15514281.jpg

b0199304_16192317.jpg

絶景が望めて、

ごちゃごちゃっとした九份とは別世界


b0199304_16224523.jpg
老街と民宿の位置関係

左端の⑮7-11と書いてあるのが老街入り口のセブンイレブン

そこから黄色く示してある所が「ザ九份」

そこは道を知らなくても、人の後に付いていけば

絶対に迷う事はない

絶景写真スポットの茶楼にもたどり着ける



真ん中あたりの⑪九份派出所の前にバス停があって

そこから民宿まで徒歩3分位

派出所からは階段しかないので

荷物は頑張って持つべし(笑)


平日、週中の水曜日は、

我々しか宿泊者がおらず、

一番広い部屋へ通された

ホテルで言う所のアップグレードってヤツ(嬉)

b0199304_15514715.jpg
ドアを開けると左側がウエットエリア

b0199304_15524272.jpg

必要十分です


b0199304_15515091.jpg
b0199304_15515528.jpg
b0199304_15515866.jpg
ずずっと進むと左側にカーブした先にベッドが

b0199304_15525143.jpg

正面の窓からは絶景が見える

b0199304_15523142.jpg


朝食は地元産フルーツたっぷりと

フレンチトーストとサラダとシリアルそしてレモンティー

それまでの2日間、塩味の豆乳&揚げパンだったので

ツレは親しみのある味に喜び

私も、安心感のある味でおなか一杯

b0199304_15523491.jpg
こーんなお土産も頂き、

オーナー夫妻と大木のブランコで

写真をパチリ、パチリ

このオーナー夫妻が温かくて

思い出をワンランクアップさせてくれた。

悔やまれるのは、言葉が通じない事

いっぱい聞きたいことあったのに

コミュニケーションがイマイチで

辛かった。

奥さんは英語ができるそうなので、

せめて英語ができりゃな~~~と

英語勉強したい~~~と思ったのだった


朝ごはんの後は

ルイファンまで、ご主人のタクシーで送ってもらった

めちゃ早くて、楽だった!

良い民宿で、良い思い出ができたのだった



[PR]
# by itoito1014 | 2018-08-06 16:37 | | Comments(0)

台北旅⑧3日目は午後から九份へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録


十分を堪能した我々は昼頃の列車で瑞芳へ戻り

荷物をピックアップしてバスで九份へ向かった

バス停は徒歩3分ほどだろうか、

荷物預かりのおにいちゃんに場所を聞くと

b0199304_22491877.jpg
こんなパネルを出して、写真を撮れと促す

親切だな~

バス停では、平日の昼間、合計で7~8人がバス待ちをしていた

バスに乗って約20分で九份へ到着

バスの終点ではないので、

坂を上ったセブンイレブン前で降りた

そこが老街へ一番近いと思っていたから

しか~し、我々は九份老街に行く前にする事があった!

荷物を置きに行かなくちゃ!

宿泊は御華山莊民宿

ここの最寄りバス停は、セブンイレブンの1個手前だった!

なので、荷物を抱えて(主に大きいのはツレが)

階段を降りる、降りる、降りる。

手がつったそうな(ツレが)


大汗かいて、着いたの午後2時半頃

ちょいと早かったけど、

民宿のオーナーは快くチェックインさせてくれた



そしてお疲れな我々は5時まで休憩

5時になってから民宿のオーナーさんに

老街まで車で連れて行ってもらい老街をぶらぶら
b0199304_23103796.jpg


人が群がっていた阿蘭草仔粿でお餅?を 買って

食べながら歩いたり

やわらか~~いお餅の中に干し大根やら干しエビなんかの

具が入っている。あんこのもあった

どれも美味しかった!


b0199304_23103021.jpg
これまた人がいっぱいいたので賴阿婆芋圓 で甘未を

熱いのか、冷たいのか聞かれるんだけど

7月、このド熱いのに冷たいの以外に選択できん(笑)


小1時間もぶらぶら、坂を上り下りすると、

もう行きついてしまい、

例の写真スポットに到着

写真スポットの茶房の前で人がたまっている

そこは向かいの飲食店の入り口

おばちゃんが入り口を規制している

仕方ないので、おばちゃんに聞いてみる

私「入れる?」

おばち「予約は?」

私「ノー」

おばち「オーダーする?」

私「イエス」

というと入れてくれた(笑)

そしたら通されたのが

その茶房の向かいにあるベランダ

b0199304_23122832.jpg
そこでビールとジュースを頼んでグダグダ


b0199304_23121816.jpg
b0199304_23122198.jpg
b0199304_23120968.jpg
b0199304_23263513.jpg
明るい時からだんだんと暮れてきた

下には人がいっぱいだ

でも、平日しかも週中なので

これでもかなり空いているらしい

良い写真が取れて大満足

約1時間半ほどグダグダした

b0199304_23125146.jpg
私たちがいたのは↑の茶房のテラス


とっぷりと日が暮れてからまた散策

b0199304_23124172.jpg
b0199304_23125471.jpg

b0199304_23125621.jpg
「千と千尋の神隠し」のモデルと言われるけれど

宮崎駿さんはモデルじゃないと全否定だそう

ただ、ノスタルジックな景色は趣がある

でも、かなり狭いエリアで、

しかも観光地化されすぎていて

面白味に欠ける。

再訪するかと聞かれたら

「1回行ったら十分」と答えたい

そんな所だった




[PR]
# by itoito1014 | 2018-08-02 23:37 | | Comments(0)

台北旅⑦3日目の朝は十分(シーフェン)へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録

3日目は連泊したヴィアホテルロフト朝9時頃にチェックアウトして

荷物を抱えて台北駅へ

まず、花蓮方面に行くローカルな鉄道に乗って瑞芳(ルイファン)まで行った

ICカード利用だと各駅停車しか乗れないようで、

瑞芳までの行程は、ガッタン、ゴットンとのんびり、のーんびり進んで約1時間

これはこれで、なかなか楽しいものだ。

瑞芳(ルイファン)に着いたら、大きな荷物を預けた

この駅は、とてもローカル色があり

趣のある駅だ。映画にでも出てきそう

b0199304_22114163.jpg
めちゃくちゃ雰囲気がある!



b0199304_22115016.jpg
駅前のロータリー


b0199304_22115868.jpg
ホームも素敵!

何話してんだろう、女子たち!




そうして、平渓線に乗り換え

良く分からないので、あちこちでいろんな人に聞いたけれど、

英語は通じず、みんな現地語しかしゃべれない

そうなると、こっちも分からないので、

何人もに聞きまくっていた(笑)

んで、何とか平渓線に乗り約30分ほどで十分に到着


こここはなかなか狭いエリアでギュッと観光地化されている

定番のランタン上げのお店が並んでいる


b0199304_22203237.png
b0199304_22123463.png
b0199304_22123079.png
4面にそれぞれ願い事を書いて上げる

ベタだけど、楽しい。

そして、自分の書く良い文言が浮かばず、

ボキャブラリーの無さに凹む(笑)

ランタン屋のお兄ちゃんが

スマホで写真を撮ってくれる

もう、あーせー、こーせーと言われるがままにポーズを取るのだ

いい年したおばちゃんとおじちゃんは言いなりだ(恥)





b0199304_22203606.png

みんなこうして線路の中で飛ばす

めったに来ない電車なので


b0199304_22351960.jpg


b0199304_22205198.jpg

すぐそばの立派なつり橋の前でパチリ

ここは、本当に狭いエリアなので

あっという間に、端から端まで行けてしまう。

少し歩けば瀑布もあるそう

でも、暑かったので、そんな力が沸かず、

次の電車でそそくさと退散した我々であった









十分滞在時間1時間以内

でもでも、とっても楽しかったのだ

何せ、ツアーじゃないから、

すべて手探りだからね(笑)




[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-28 22:45 | | Comments(0)

台北旅⑥2日目午後は迪化街からのGOMAN MANGO経由の士林夜市

7月2日4~6日に台北へ行っていた備忘録⑥



2日目、明月湯包で小籠包ランチをした後は

ホテルに戻りしばし休憩

夕方4時前ころから活動を始めた


b0199304_13393433.jpg

MRTで北門駅から迪化街へ

ここは問屋街

ドライフルーツやナッツ、布市場などがある


b0199304_13394313.jpg
b0199304_13394535.jpg
b0199304_13394094.jpg
b0199304_13394884.jpg
b0199304_13395154.jpg



観光地と化しているので

客引きが半端ない

ドライフルーツも何だか食指がそそられない

ぶらぶら、ぶらぶら、ぶらぶら

頑張って歩いて歩いて

双連駅まで

ホンマ、よく歩いた


そこからの、夜市に行かないといけないと考えて

士林まで行って、

まだ明るい時間だったので、

駅近くのGOMAN MANGO


b0199304_13400183.jpg
このマンゴーかき氷のインパクトはハンパない

しかし、味は冰讚の方が上かも~好みかもだけど


b0199304_13400467.jpg
マンゴー豆花

さっぱりしてて美味しいけれど、やっぱマンゴーかき氷の方が上!!!


b0199304_14111441.jpg


そこから暗くなってきたので士林夜市

食べ歩きをすると良いらしいが、

我々はマンゴーかき氷を腹いっぱい食べた後だったので、

食べ歩きはお腹が許さず(笑)

ひたすらぶらぶら

熱気のある 夜市だった


この日は1日中、よく歩いて、よく活動した

思い出すだけで、ぐったりするほど。

もっと効率良く回る方法があるのでは?

と思うこともないではないが、

その時点での最大の欲張ったぶらぶらだったと思う。




[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-25 14:16 | | Comments(0)

台湾旅⑤2日目のお昼は明月湯包へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録⑤


2日目、国立故宮博物を出た我々

お昼は明月湯包へ小籠包しに行くことに

故宮博物院からはちょいと遠いけれど、

これを逃したら、日程的に小籠包を食べられる時がないかもと思い、

故宮博物院と明月湯包の最寄り駅が

MRTの淡水信義で乗り換えなしをいいことに、行くことに

しかし、駅から明月湯包は徒歩20分

なんだか遠い。バスにのれりゃーな~

でもバス乗りにくい。難しいの~



しかし、台北と言えば、小籠包

これを食べずしては帰れない、って事で。

しかし、他にも店あるじゃろー、とは思うけど、

いろいろ調べた結果なのじゃ

日本各地にも店がある鼎泰豊 本店も考えないことはない

けれど、待ち時間がすごいらしい、

その上、味はそーでもないらしい、

って聞くと、行く気失うってもの。

実は東京で行ったことあるんよ

その時は、ぬるい小籠包が出てきておったまげ

2回目はない!と思ったんだ。

そんな事で選定外となり、選んだ明月湯包



頑張って歩いて着いた明月湯包

2店舗あるようだけど、

我々は、昔からある方へ

平日のせいなのか、ローカル人しかいない

なんだか、高まるね~~~

b0199304_10411452.jpg
プレーンの小籠包(奥)とヘチマとエビの小籠包(手前)

いやーーアツアツでおつゆたっぷりでうまいい~~~よーーー

b0199304_10411743.jpg
併せて酸辣湯とサケのチャーハン

どちらもレベル高いっ!


b0199304_10412133.jpg
ツレが台湾ビール2本飲んで

しめて800元、円換算で2900円位でしょうか

おいしゅうございました。


b0199304_10412929.jpg
途中の街並みが雑多で、

またこりゃ良い景色ですわん




[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-24 10:46 | | Comments(0)

台北旅④2日目の午前は国立故宮博物院へ

7月2日~6日に台北へ旅していたその備忘録④



2日目午前は、前日午後に行く予定にしていた国立故宮博物院

台北観光の大定番

しかし、残念ながら中国のお宝に全く関心がない

しかし、誰に聞いても「行くべき」と言うので

1回は行っとかないといけないかな・・・という程度の

義務的な気持ちで行ってみた。


b0199304_08304999.jpg

士林駅まで地下鉄で、そこからバスに乗りついて

朝開院間もない博物院は静かだ

本当にここがド定番の観光地なのかと疑うほど



歴史的な”いわく”のあるお宝たちだが、

見ると、全く興味の無かった自分でさえも

美しさ、希少性、中国4千年の歴史を

ひしひしと感じた

やっぱ来て良かったな~と

b0199304_08305795.jpg
国立故宮博物院の代名詞、翡翠の白菜「翠石白菜」



b0199304_08313723.jpg
翡翠の白菜と並び称される「肉形石」

ほんまによく煮た角煮然としておる

こんな事、よー考えるな~~~


3階にある白菜と肉片は特別に有名なお宝なので、

人が多く集まる。

なので、「故宮博物院へ入ったら一番に行くように」との

クチコミを多数見て、その通りにしてみた。

そしたら、人も少なくて、じっくり拝見でき、

写真もいっぱい撮れた(素晴らしい!)




ほかにも、目を見張るお宝たちばかり
b0199304_08305330.jpg
翡翠でできた屏風




b0199304_08310678.jpg
乳白色が美しい白磁

b0199304_08311380.jpg
b0199304_08312226.jpg
b0199304_08312579.jpg
b0199304_08311076.jpg
明時代を代表する磁器たち



b0199304_08315342.jpg
b0199304_08320443.jpg
玉でできた香炉

7~8年前に三国志にはまり、

訳違いで3回ほど読んだ

その中で皇帝の持つ三種の神器の一つで「玉」が出てくるのだけど、

皇帝が堕ちるときにこの玉を持って逃げる訳

皇帝の印としてね。

ず~~~~~っと「玉って何?」と思っていたのだ

その謎がこの時解けた

玉は翡翠みたいなカンジの白い石の一種(大理石ではない)らしい

それでできた何か(印鑑みたいな物かもしれない)を持って逃げたんだね

解釈が雑だけど、そう思ったんだよね~

玉の細工物が多くあったので、

「これかーーー」ってなったんだもん(笑)



b0199304_08320129.jpg
b0199304_08313224.jpg
月光菩薩、日光菩薩を従えた薬師如来にしか見えない仏像

ここまで見てくると「日本て本当に中華文化圏だよねー」

「もしかしたら今頃中国だったとしてもおかしくない」

てな感想を持ってしまった。

これだけのハイテクを持つ巨大国家に隣接して

それに併合されずにいるのはなかなかすごい事じゃないの?

先人たちに感謝だな

なんつって思った、お宝めぐりであった




さすがに精選されたお宝の素晴らしさに圧倒されたのだった

やはり一度は行くべき国立故宮博物院


お昼頃、後にする頃には、

大陸からの観光客でごった返していた(平日だけど)

↑この人たち、めちゃくちゃうるさいだもん

静かになんか見れないよ

あさイチ訪問は正解だったな







[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-23 17:34 | | Comments(0)

台北旅③2日目早朝は世紀豆漿大王で朝食&双連朝市へ

7月2日~6日の台北旅の備忘録





2日目は早起きをした

ホテルに朝食用の軽食もあったけれど、

それをパスして

ローカルな朝食の店世紀豆漿大王

b0199304_16085460.jpg
行列してるともっぱらのクチコミだけど、

平日午前6時半、まったく列はない

すんなり入れて

紙でオーダーを渡してお金を払う


b0199304_16085753.jpg
定番の塩味豆乳×2、揚げパン、卵焼きを頼む

暑いのに熱い豆乳(汗)

b0199304_16011264.jpg
ニラ入りで、ラー油をかけてくれる

アッツ!

ゆっ~~~くり食べて

揚げパンを入れたりして食べて、

う~~ん、味は普通です(笑)





それから、通りの反対側でしている

双連朝市をぶらぶら


b0199304_16020207.jpg
b0199304_16015779.jpg
美しい寺がある


b0199304_16012084.jpg
冷蔵庫のない肉屋(これスタンダード)

b0199304_16011527.jpg
袋詰めの鶏たち

黒いのは烏骨鶏かね?

b0199304_16012448.jpg
b0199304_16012216.jpg
パイナップルとライチを買ってきて

ホテルでもぐもぐ

パイナップルは皮だけ剥いてビニール入りで売ってた

このために、紙皿&果物ナイフを持って来たのだ!

うま~~~~い!!!









[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-22 16:17 | | Comments(0)

台北旅②1日目午後はローカルフードを食べて冰讚へ

7月2日~6日に台北旅をしたその備忘録

初日、午後2時半頃にホテルに荷物を置きに行った

そのホテルはヴィアホテルロフト

東京駅みたいなおっきな駅の台北駅から

北へ向かう淡水信義線で二駅目

双連駅から徒歩約5分

選んだ基準は、駅に徒歩で行ける。

近くに食べ歩きできる店がある。

北にも南にも便利良さそう。

台北には、古いビルをリノベーションして

一部をホテルにしている所が多数あるそう。

ここもそうで、外観が凄すぎる

b0199304_15235889.jpg
ここの2~3階がホテル

このホテルはゲストハウスとビジネスホテルの間位のカンジ

いい年して、ゲストハウスはカンベン。

でも高いホテルはイヤ

で選んだのだ。

台北のホテルは窓のない部屋が多いそう

それもイヤだったので(天気などが分からないのは困るから)

このホテルの窓のある部屋にした

一泊約8000円
b0199304_15240283.jpg
ゲストハウスに毛の生えた程度を覚悟していたけれど、

隣の音がすごく聞こえるとクチコミで見たけれど、

そんな事もなく、

意外と快適に過ごせた。



ここに荷物を置いた我々は、

すでにもう疲労困憊

お昼を食べていなかったので、

ホテルスタッフに聞いて

ホテルの2件となりのローカルなファーストフード店に

そこで食べたのが

b0199304_16235027.jpg
ルーロンファン(小)×2

エビ春巻き、グリーンサラダ

日本円換算で約250円ほど(安っ)

ルーロンファンは台湾のローカルフードなので、

行ってすぐに食べれて良かった!




そこから、本来は故宮博物館に行くつもりだったのだけれど、

お疲れの我々は、ホテルで休憩

5時ころになって、

超有名店の冰讚

b0199304_15510425.jpg
マンゴーかき氷といえばこの店という程の有名店

大行列との事だったが、

平日午後5時、行列無し

すんなり入れて

b0199304_15510750.jpg


b0199304_16062196.jpg


メニューを凝視

でも決まってる

ミルクかき氷にマンゴーのせ

上段の真ん中だね150元

それにプリントッピング10元

全部で160元、円にすると600円ぐらいでしょうかね~



b0199304_15241086.jpg
思ったのは、意外とマンゴー少ない。

でも容器がラーメンどんぶり並みなんで、

全体量は大きいのだ

2人でシェアしたけれど、

丁度良い量だった。

周りを見てもそんな人多数。

どこかのサイトでプリントッピング必須

と書いてあったのでしたけれど、

なんで、かき氷にプリンのせるのかわからん~とおもっていた

けれど、これが、食べてみたらわかる!

ふわふわかき氷とフレッシュマンゴーが

おなか一杯食べれて

時々プリンを食べると

まろやかで、氷ともマンゴーとも違う食感が

めちゃめちゃ合う!

プリンの訳が分かりました。

おいしゅーございました。




b0199304_15241362.jpg

帰りに屋台でカットフルーツを買い

セブンイレブンでビールを買って

部屋で食べつつ、一日目を終了したのであった






[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-21 16:06 | | Comments(0)

台北旅①福岡空港~桃園国際空港へ

初めての台北旅①

7月2日~6日の4泊5日で台北へ旅に行った、その備忘録

出発は福岡空港から

なぜって、いろいろ検証した結果、

広島空港から台北へ行くより安く行けるから

何と言っても、広島ー台北間のチャイナエアラインが高い!

そこで、福岡にバスで往復して、LCCのバニラエアに乗ろうという訳!

福岡を朝9時55分発のバニラは

何と満席!そのほとんどが台湾人

何と言っても片道3980円~

というセールを展開した日付けだからかな

3980円なんて、飛行機の値段じゃないね。

あ、でも我々はそのセールの前に取っていたので、

片道10000円位した(それもで安いけど)


b0199304_16233820.jpg
シートピッチは狭い。きつきつ!

そりゃLCCだもの、電車よりきゅーくつだ!


b0199304_16234088.jpg

そうこうしつつ離陸じゃ~






狭くて満席の機内から、窓に張り付いて動画を撮るのは楽しい!


実は、福岡ー台北間の沖縄辺りに台風が居て、

どうなるのか?と思っていたけれど、上手に迂回して飛んだ

離陸&着陸空港に台風がいるのでなければ、大丈夫らしい。

b0199304_16234324.jpg
台風を過ぎれば、東シナ海上は真っ青










この旅は、初めての個人手配の海外旅だった。

ツアーでないという事は、イミグレーション通過や両替、現地交通など

すべてにおいて、右往左往するばかり。

一つ一つにとても時間がかかった。

けれど、もうツアーは卒業したい、

自分の思うように動きたい、

のんびり海外旅したい、

の思いでそうしたのだ。

しかし、案の定、飛行機降りたらどうするの?

どこがイミグレーションなの?何なの?

とそれすら分からない我々、

なかなか前途多難だ。

着いたら①イミグレーションを通り

②荷物をピックアップして

③両替して

④IC交通カードを買い

⑤MRT(鉄道)に乗って

⑥台北へ行く(所要時間約40分)

さっさとすれば、午後1時には台北に着いていてもおかしくない。


しか~~~し、イミグレーションの位置も、

荷物を受け取る場所も、

両替所を分からない我々、

めちゃくちゃ時間がかかった(仕方ないさ初だもの)



ほんで、いちいち地元の人(主におばちゃん)に道を聞く

言葉、通じない。

向こうも何言っているかわからなそう。

こっちも何言われているか分からない(笑)

それでも、地元の人々、めちゃくちゃ親切。

一生懸命教えてくれようとするのだ。

こっちは、ありがとね~~~と連呼するのみ(笑)

本当に有難く、涙が出た。

ということで、台北市内に入って、

ホテルに荷物を置きに行けたのは

午後2時半になっていた(トホホ)




[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-18 16:50 | | Comments(0)

6月のワークショップ

長らくブログを塩漬けにしている間に

すっかり季節が変わり、

ここ広島では、大きな災害もあり

めまぐるしく日々が過ぎている

しかし、放置のし過ぎはアカン!と

ぼちぼち更新しようと思う。



災害は広島市では東部と

県内では主に沿岸近くが多い

山間を縫うように走る道で県の中央部~南部では

崩落した道が多く

友人なども直接の被害はないものの、

道が寸断されて陸の孤島と化していたり、

断水になっていたりしている。

我が家も、直接の被害はないけれど

近くの道が通行止めで迂回しないといけなかったり、

娘の同級生が避難していたりする。

我が家は自治会の役員をしている(順番で)事もあり、

いろいろなお役目も言いつけられたりしている。

なかなかな日々だ



6月分のワークショップの報告を

6月の16日にミヤカグでは

ブルーで色付けした石けんを作ったので、その報告を


b0199304_16411429.jpg

ただ今石けん棚でオネム中

3人3様のブルー×白の石けんができた

こうゆう柄物に正解はないので、

どんなになっても正解

もう一週間ほどしたら送る予定



[PR]
# by itoito1014 | 2018-07-12 16:55 | 教室 | Comments(0)

6月のワークショップ


ミヤカグであるすてきな暮らし塾 6月のお知らせ

作るのはブルーグラデーションの石鹸

香りも夏らしく付けましょう~

日時:6月16日(土曜)
人数:4人       
内容:ブルーグラデーションの石鹸を
出来上がり約740g
参加費:3000円   
お申し込みはこちらから

b0199304_11495724.jpg


[PR]
# by itoito1014 | 2018-06-14 11:44 | 教室 | Comments(0)

5月のワークショップ

ブログを塩漬けにしている間に

リアルでは色々な事が進行中

とりあえず、5月のワークショップが終了したので

その報告を。

作ったのはピンクと白の2色の石鹸

いつも来て下さり、ありがとうございます(感謝、感謝)

香りは、フローラル系で付けました

色はフレンチピンククレイ

しっかりピンク色になって、フローラルな香りも付けました♡

b0199304_11595744.jpg


[PR]
# by itoito1014 | 2018-05-28 12:00 | 教室 | Comments(0)

すてきな暮らし塾@ミヤカグ

4月からの教室スケジュールが決まりました。


日にち/4月21日(土曜)
時間/午後2時~4時
参加費/3000円
人数/4人
内容/カレンデュラの石鹸

古来から、傷を治す成分があるとされている
ハーブのカレンデュラを入れて作ります
ほんのり黄色の優しい石鹸です

お申し込みはこちらから→すてきな暮らし塾/お申し込み

b0199304_15551623.jpg

[PR]
# by itoito1014 | 2018-03-23 15:58 | 教室 | Comments(0)

かにを食らう旅④岩井温泉岩井屋

12月の初めに鳥取へ行った備忘録その④お泊まりは岩井温泉岩井屋

宿泊はいろいろ悩んだあげく、日本秘湯を守る会の宿にした

どうしてって、この会の宿で初めて行った仙仁温泉岩の湯に衝撃を受けて

以来、温泉にはまったから。

信じてる日本秘湯守る会の宿を


外観は由緒ありそーーー


b0199304_16152026.jpg
b0199304_16152608.jpg



中に入ると


b0199304_16155088.jpg
b0199304_16154334.jpg


お部屋は一番リーズナブルな所

b0199304_16155646.jpg

お風呂は2か所のみで入れ替え制


b0199304_16161090.jpg
b0199304_16161737.jpg


お湯はつるつるりんとする

良いお湯で大満足!




晩ご飯は

b0199304_16162360.jpg

b0199304_16163034.jpg
b0199304_16163779.jpg
b0199304_16164351.jpg
のセットに蟹を追加でたのんだのだ~~


b0199304_16164839.jpg
活きかにのお刺し身としゃぶしゃぶと、焼きかに!

めちゃ美味であった~~~~



もうこれだけで本望じゃ




[PR]
# by itoito1014 | 2018-01-29 15:59 | | Comments(0)

米ぬか&チョコレートの石鹸

手作り石鹸のブログだったはずなのに、

この頃全く手作り石鹸をアップしていなかった事に

ハタ!と気付いて、急遽する事に・・・・

実は、でも、作ってはいるのだ。。。。

米ぬかとチョコレートをハーフ&ハーフで作った。


b0199304_15480798.jpg

これは、とある人からのリクエストで誕生した。

米ぬかもチョコレートも石鹸に入れると

保湿によろしいねと話して、

でもこれとこれ、両方入れたらもっと楽しいんでない?となって。


なかなか使用感もいいし、

自然派的にもすごく許容できる内容なんだよね。



そしてビジュアル。

前はきっちり半分ずつでしたけど、

今回は先に入れたのを固まるのを待ちきれなくて、

まだ軟らかいのにどぼんと次を入れたらこうなったの巻


もはや、我が家の定番になったね。









[PR]
# by itoito1014 | 2018-01-26 15:54 | 手作りせっけん | Comments(0)

かにを食らう旅③かろいち

昨年の12月にした鳥取かに旅の備忘録その③

味歴あんべを後にした我々が向かったのは

鳥取港の海鮮市場かろいち

b0199304_16391959.jpg

ここは、観光客向け

人がごった返しとる




b0199304_16390203.jpg
松葉ガニのぎゅうぎゅうな事


b0199304_16390601.jpg

しかし、物は高い。

手も足もでないね。
b0199304_16390953.jpg
大ぶりだけど、

こんなお値段なのは

トホホとしか言いようがないぞ


よっぽど日吉津海鮮市場が良心的だ!!!


その他の魚たちもね


b0199304_16391435.jpg

やっぱり日吉津で買ったのは正解だったんだと確信した

かろいち見学であった






[PR]
# by itoito1014 | 2018-01-23 16:42 | | Comments(0)

かにを食らう旅②味歴あんべ

先月の12月初めに鳥取旅をした備忘録

一番初めに生もののお土産を買うという

NGから開始して

それから向かったのは

鳥取市にある味歴あんべ

米子の日吉津は鳥取県の西端

鳥取市は東端

車で2時間近くかかる

味歴あんべは、ダンナの弟がいつもいつも

「あんべはおいしい」と自慢するので、

へーーどんなもんなん?

行ってみようじゃん。

何たって冬用タイヤ付けたけー行けるんじゃけーー

なんつって

予約したのは1か月半前。

電話したら、バイトの子みたいな女の子から

「1時予約きっちりに来て下さい」

なんて言われて

ちと「何様~???」の気持ちになりつつ

行くと行列


b0199304_16442490.jpg

寒々しい商店街に唯一人があふれていて

探さなくても分かる。


入ってオーダーして出てくるのは


b0199304_16442835.jpg



カニの親子丼


卵を持ったメス蟹の実と外子、と内子

それにみそ汁3500円なり

メスの蟹は500円位で小売りされていたので

元々高くないけれど

実を出すのは小さい蟹なので大変


でもね、これ、おいしいよ。

でもね、サービスは全然だし、

となりとギュウギュウだし、

「リピートする?」と聞かれれば

答えは「ノー」

1回で充分

オスの蟹をゆっくり食べたいよ。

特別おいしくもなしで、

サービスもイマイチなんだもん。

どんだけ~?って思ったぜ




[PR]
# by itoito1014 | 2018-01-22 16:59 | お外おいしいこと | Comments(0)

かにを食らう旅①~日吉津(ひえづ)新鮮市場

先月の初め、鳥取へかに&温泉をしに行ってきた。

これまで、冬場に山陰へ行こうなんて思った事はない。

なぜかと言うと、雪が降ったら困るし、予定立てられない、と思っていたから。

それが、1年前、どうしても冬場に寒い地域に行かなくてはならない仕事ができて、

心配性の私は、冬用タイヤという物を初めて付けたのだ。

そして、今年も、そのタイヤを装着したもんだから、

何かしなきゃ気が済まんし、

って事で、かにを食べに行こうとなった(嬉)



その上、かにも買って帰りたい。

としたら、観光地価格でぼったくられるなんてイヤ!

んで、調べたら、地元人も買いに行く場所として

米子の日吉津のイオンの駐車場にある新鮮市場がよろしい

らしいとなって、

しかし、考えてみれば当然のことながら、

日曜は漁は休み

行くには月~土曜

しかも、午前10時に行くべし

しかし、安いらしいぞ!

ってなって、自宅を出発したのが午前6時半!


到着したのが10時前


b0199304_16501555.jpg

中には魚屋や肉屋などが入っていて

魚屋も何軒もあるけど

特に木村さんの魚屋さんがお得感満載


b0199304_16502509.jpg
b0199304_16502927.jpg


3はいで一盛り5000円のを入手!

しかも生きている。安い!

少々小ぶりけど、充分だ!

エビもいっぱい盛られたのを1000円とかで買って、

店のおにいちゃんに氷いっぱいの保冷箱に詰めてもらった。

って事でお得なお買い物ができて大満足。

旅の最初に生きたお土産を買うという

トホホだけど、仕方ない

という出来事なり






[PR]
# by itoito1014 | 2018-01-18 16:58 | | Comments(0)

刺繍自主練その2

刺しゅうにはまった(はず)

基礎からの刺しゅうキットを毎月1回取っている。

その合間の自主練その2

b0199304_15370595.jpg
前と同じような図案をフエルトにしてみた

バラとマーガレット的な花たち

これ、フリーハンドなので

だって、フエルトに図案が書けないのだもの

頭が痛い事。

図案がきっちり描かれていて、

その上をチクチクすると、

結構できるもんだけど、

図案のない所にするのは

もー大変

それをミルクピッチャーに詰め込んでみた

b0199304_15370977.jpg
これは、ピンクッション

それっぽく見えるかな・・・・


こうした刺しゅうをしてみて分かった事。

刺しゅうをすると、アドレナリンが出る。

なので、やればやるほど、頭がハッキリして

キリッとしてくる。

刺しゅうしてるのに「ぼんやり」なんて事は絶対にない。

大体、平日の夜にやっているので、

夜、アドレナリンを出すと、

これは、もう、寝れない!

必然的に夜更かしになる。

なので、できるだけ週末にしたいと思っている。

けれど、只今年末。

週末には、そうじもせんといけん。

週末しかできないこと多数なのだ。



そんなこんなで、刺しゅうの時間は後回し中の後回し。

フェリシモのキットもたまってる(ORZ)

どうしたらいいのだろう????

年が明けてもすること、しなければいけない事がいっぱいなのだ。

①石鹸作り ②とある経済活動 ③バラの手入れ 

④家事 ⑤東京へ行く(用事があるのじゃ)

刺しゅうが全然上位に上がって来ない。どうしよう・・・




てな事で、私は大忙しで頭を抱えている年末ですが、

皆さまは、よい年をお迎え下さいませ。


って、誰も見てないか・・・

そうね。



末娘の藝大合格に湧いた我が家の1年。

とても、とても、ハッピーな1年だった、








[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-27 16:06 | 日常 | Comments(0)

刺繍にはまる(ドボンッ!)

夏頃から興味津々だった物がある。

それは「刺繍」

きっかけは、maxmara weekendで買ったブラウス

生地はシルク

薄くてめちゃ繊細

真っ白で光沢のあるブラウス

とても美しかった(ホレボレ)

そして高かった(泣)

しかし、薄くて考えなく、思いがけずひっ張ると

破れそうになる(薄すぎて)

そうして薄いのがさらに部分的に薄くなったりして、

そこを何とか(高かったから)ごまかせんかいな~と、

刺繍でもしたらいいのでは?

と考えたわけ。

結論から言って、

今まで一度もしたことのない

へたくそな刺繍なんかしたら、

余計に目立っておかしい!

てな事で、ブラウスへの刺繍は諦めたものの、

ネットで図案の検索をしたら

これが!めっちゃ美しい!

私も、自分好みの柄を自分で作って持ちたい。

という気分が盛り上がり、

でも、したことないので、

ぼちぼち基礎から学ぼうではないか、

と検索して行き着いたのがフェリシモ。

「基礎からの刺繍」キットを9月から毎月取っておる。

それを、時間のあるときに

チクチク、チクチク、チクチク

んで、その合間に。自主練。

b0199304_15370061.jpg
白とイエローのバラを紺色の布地に刺繍して、

がま口にしようとしたら、

がま口の金具に入らなくてトホホ

これはそのままで放置状態

ま、自主練なので、いいと言う事にしよう・・・・







[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-25 16:04 | 日常 | Comments(0)

長野旅⑥最終日

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-22 16:23 |

長野旅⑤安曇野のかくれ宿にし屋別荘その2

10月7~9日に長野旅をしていた備忘録⑤

8日に泊まった全5室のにし屋別荘は、

食事も素晴らしかった


夕食で、まずセットされていた前菜たち

稲穂を揚げるなどアイデアたっぷりで美しいわ!


b0199304_12233462.jpg



後から運ばれてくる温かい物たち

天麩羅
b0199304_12234415.jpg

骨まで食べられるほどじっくり焼かれたあまご的な川魚

b0199304_12234889.jpg

ミディアムレアに焼かれた

とろけるようなステーキ(めちゃうま!)
b0199304_12235121.jpg


美しく包まれているのは
b0199304_12235952.jpg
b0199304_12240340.jpg
開けるとアナゴだったかの押しずし



お吸い物には、マツタケが浮かんでいるね!
b0199304_12240626.jpg

ほかにも囲炉裏で焼いた野菜などあったか、

満腹で食べられずORZ・・・



b0199304_12241269.jpg





ご飯をおにぎりにしてもらってお部屋へ入れてもらった

↑これもはや定番

b0199304_12242103.jpg

しかし、これがまた美しくて、

しかもマツタケがごろごろのご飯!




満腹なおばちゃんたち

私以外は温泉あんまり興味ないらしいが、

私は大好きなので、温泉三昧もできて

大満足だった!!!



翌朝の食事は


b0199304_12242727.jpg
これまた、小皿がずら~~~ん

これにまだ後からおみそ汁とかなんぞ他にも持って来られて満腹!

満足感とコスパの高い宿であった。

あんまり良かったので、友人たちから

「宿選びが上手い!」と私の株の上がったのであった(うれしーな☆☆☆)










[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-22 12:39 | | Comments(0)

長野旅④安曇野のかくれ宿

10月7~9日に長野旅をしたいた備忘録④


目を皿にしてネット上で私が大捜索の末行き着いた宿

全5室というこぢんまりした宿

b0199304_17005119.png
新潟の古民家を移築したそうで

囲炉裏などあって、とても風情がある。


b0199304_17005958.jpg
美しいテラスも目を見張る

b0199304_17010825.gif

お風呂は3か所

全て貸し切り

でも全5室なので全然不便がない

檜の内風呂
b0199304_17065155.jpg


石の内風呂
b0199304_12161087.jpg



ひばの露天風呂
b0199304_17063472.png

こぢんまりした宿は

サービスもかゆい所に手が届いて

お湯も快適で素晴らしかった!




[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-20 17:24 | | Comments(0)

長野旅③白骨~乗鞍~松本~安曇野

10月7~9日に長野へ旅した備忘録③

10月8日は白骨温泉を出発して、一つ峠を越えて

乗鞍岳の麓へ

乗鞍も自然保護の為にマイカー規制をしている

入山者は途中でバスに乗り換える

私たちは乗鞍へ登るつもりが最初から無かったので

バス乗り場までのドライブのみ


b0199304_16170463.jpg

それでも、下界はまだまだ紅葉をしていないのに、

ココでは空気が澄んでいて、紅葉も進んでいた。

あとちょっとで頂上なのだけど、、、


b0199304_16170882.jpg

登山にはやはり装備が必要だ


上はこんな感じらしい(収集してみた)

b0199304_16171231.jpg
ステキ!いつか行きたいなあ~!!!


と思いつつ、この日東京から合流する友人を迎えに松本へ向かった


そうして3人になった私たち。

そっから真っ先に行ったのは


屋内は普通の道の駅状態だけど、

b0199304_16221832.jpg

屋外的な所では

b0199304_16222797.jpg
箱詰めの果物がドドドーンと並んでいて、

地方発送もドンドンしている

b0199304_16223364.jpg
b0199304_16223656.jpg
これがよく見ると、お得なのと、

ギフト価格でお高いめなのと両方あるのだ


何が何だか分からなくなった私

そこで、定員のおっちゃんに聞いてみた

私「オススメは何ですか?」

おっちゃん「ボクはブドウはシャインマスカットが一番おいしいと思います」

私「同感!!!」

おっちゃん「それなら、これがいいよ!」

って奥の方から出して来たのが

シャインマスカットばかりの詰め合わせ

6房入って2700円!

日に当たって黄色くなっていたり

小房なのが混じっていたので安かったらしい!

シャインマスカットは普通に買うと1房1000円位はするもんね

私は狂喜乱舞してしまった!

ついでにリンゴを一箱買って送ったぞ

のが↓

b0199304_16301886.jpg

めちゃめちゃお得な買い物ができて大満足!

この日の宿は安曇野の旅館

そこへ入る前に



b0199304_16395535.jpg

広大なわさび園は一大観光地

できればラフティングなんぞしてみたいと思っていたけど、

人も多くてくてく歩いて少々お疲れな

おばちゃんたちであったので断念。


そんな2日目だった




[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-15 16:32 | | Comments(0)

長野旅②白骨温泉

10月7~9日の長野旅の備忘録②

10月7日の宿は白骨温泉

前から行ってみたかった白骨温泉。

あこがれの白濁湯

炭酸風呂で有名な泡ノ湯は魅力的なれど

露天の大浴場が混浴なので、、、

白濁だから見えないとは言え、

そんな冒険はできんわ!

って事で選んだのは小梨の湯笹屋

白骨温泉の最奥で、この先何もないんじゃない?

みたいな道を通るとあった!

b0199304_16452914.jpg
 全10室の小ぢんまりとした宿

建物は古いギシギシ(笑)

b0199304_16452565.jpg
ま、それもヨシって事かな・・・





b0199304_16371946.jpg
白樺林の横にある露天風呂

画像では分かりにくいけれど、2人くらいで満杯

ちっさいね


b0199304_16450752.jpg
けれども、ここは内湯が素晴らしい!(姫の湯)



b0199304_16451843.jpg
殿方用


厚く堆積したカルシウムと白濁湯

開放感もあり、湯も気持ち良く素晴らしい。



晩ご飯は


b0199304_16312736.jpg
b0199304_16313056.jpg
b0199304_16313330.jpg

そばがきやアユの笹蒸しがスペシャリテとの事だけど、

そんなに特別感も感じない。


こちらは朝食


b0199304_16313974.jpg


食事はも一つだけど、

山奥だから仕方ないのでしょうね

けれど、お風呂は素晴らしいので、

再訪してみたいと思わずにはいられないのだ。

白濁湯サイコー^^


 


[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-14 16:54 | | Comments(2)

長野旅①上高地

10月7~9日の3連休、友人達と長野へ旅に出た

今更だけど、その備忘録。


まず、この計画は1年前の夏休みに始まった。

大学時代の友人達とご飯を食べに行って、

お互い、子どもも成人したし、

若い頃に行っていた場所なんかへ

もう一度いってみようじゃなか、と話が盛り上がり。

「長野」でほぼ決まっていたはず、なのだけれども、

これが、いざ行くとなると、決まりやしない(笑)

あーだらこーだら、あっちがええだら、こっちがええだらって

それぞれ、プランは出さんが、文句は言う、という

いただけないスタンス。

決まらないの最上級。

5月に予約をしようとしたら、

もう、10月の3連休なんて、観光ハイシーズンですぜ

いいなと目を付けておいた宿は取れないのだ。

何たって、基準が

天然温泉、最大部屋数15部屋まで

こじんまりしていて、隠れ家感のある所。

人気がないような宿には行きたくないし、

そしたら、5月ではもー取れませぬ(泣)

本来は飛騨高山~新穂高ロープウェーに行くつもりだったけど、

2転、3転して、

松本集合~上高地~美ヶ原となった。

10月7日土曜日、出発の日

私たちは朝6時発という、どえらい早い新幹線に乗り込んで

名古屋乗り換えで松本に11時前に到着

そこから、昼ご飯用におやきを買い

レンタカー屋さんに直行

白いヴィッツに乗って、

いざ上高地へ

天気はどんより


天気が良くないのはつらいけれど、

あんまり天気がいいと人が多いから

しょうがないって割り切って、



上高地はマイカー規制で入れないので、

途中で駐車場に入れて、

そこらに居た子ども連れと一緒になって

タクシーに乗って行った!(ナンパですわ)


b0199304_16173558.jpg
梓川は冷たく、澄んでいる


b0199304_16174092.jpg
有名な河童橋は、人が多い。

雨とかかんけ-ない

b0199304_16185290.jpg
河童橋から奥へ伸びる森の小径

美しい


b0199304_16193169.jpg
しばらく歩くと明神橋に着く

ここまで来ると人は少なくなっている

b0199304_16201438.jpg
橋の奥にある明神池

鏡のように澄んで

神々しくもあり、凛とした空気に満ちているのだ

そうこうしていると、雨が落ち始めた

冷たい雨に降られながら

歩いて大正橋に戻る

全部で2時間弱の

山歩きではない、

森歩きのまねごと

大自然が手に取れるような近くに感じられて気持ち良い



休憩しようと入ったのは

河童橋の前にある上高地5千尺ホテル のカフェ



b0199304_16273338.jpg
店内はカントリー調


b0199304_16280320.jpg
友人は名物のレアチーズケーキのセットを


b0199304_16280693.jpg
私は店員さんにオススメされた栗の渋皮煮のケーキを



これが、画像では分かりにくいけれど、

でっかくて、午後4時に頂いたら、

この後宿でご飯が食べれないほど、

おなかにドスンと来たのであった




それにしても、

約30年降りの上高地は、

前と全然変わってないような、

素朴さと、美しさをたたえて、

命の洗濯のできる場所であった。







[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-12 16:30 | | Comments(0)

東京にて⑧アフタヌーンティー@マンダリンオリエンタル東京

9月7日~10日まで東京へ行っていた備忘録その⑧

9月10日のお昼はアフタヌーンティーにマンダリンオリエンタル東京へ行った。

何たって、1上京で1マンダリンを励行中なのだから!って事で、




土日の予約は、一休で目を皿のようにして探したけど、見つからず、

直接予約をした。「眺望の良い席希望」として

んで、行ってみたら、西南側の再奥、窓際

こりゃ~いい席だわ~~と感動。

だって、電話したのは1か月半くらい前だもん

そうもなうろうちゅうもの。


b0199304_16581820.jpg


運ばれて来た三段トレーは

美しいね~~~


b0199304_16583766.jpg




下段のセイボリー

ロブスターやら、キャビアやらのっておる

b0199304_16584266.jpg


中段の焼き菓子

9月なんで、栗もの多かった

b0199304_16585735.jpg


上段のプチスイーツ

四角なのはプリンでっせ!

新感覚じゃわ


b0199304_16585331.jpg


別で運ばれてくるスコーンたち

例によってふわっふわっ

プレーンとチーズ

お嬢がお代わりをしたので、

おなかがパンパンに・・・

b0199304_16590948.jpg

アフタヌーンティー初心者の頃は、

決まり通り下段から順番に食べていたけれど、

今は、辛い物と甘い物を交互に食べる。

だって、甘い物続くとしんどいんだもん!

だから取り皿に取るとこうなる

b0199304_16594798.jpg


お茶はカップサービスなので、

1杯ごとに違う物をオーダーする

いちいち気にしてくれないといけない

スタッフさんは大変じゃわ~

忙しそうだったぜ



それにしても、ここの完成度は高い。

私の中ではナンバー1オブ東京でござる

アマンより上だと思う。




[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-08 17:10 | お外おいしいこと | Comments(0)

東京にて⑦かっぱ橋

9月7日~10日まで東京へ行っていた備忘録その⑦

9月10日午前ははもう藝大へは行かず、

両国からほど近いカッパ橋道具街を散策しようと言う事になった。

しかし、ここは日曜はお休みの店多し。

なのでちょっと肩すかしだったけど、

でっかく見えるスカイツリーに

ほ~~とか言って

b0199304_16442255.jpg
友達用に、たわしやら

ピーラーを入手したのであった

食品サンプルは意外と高い。

観光客価格ですな~




[PR]
# by itoito1014 | 2017-12-08 16:47 | | Comments(0)