人気ブログランキング |


狭い庭で育てるバラ約40種とハーブなどなど、そして日々製作する手作りせっけんの記録


by itoito1014

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
手作りせっけん
教室
せっけんの横道
ハーバルなこと&手作り化粧品
アロマ
ロザリアン的
山繭
日常
お外おいしいこと
お家おいしいこと
お買い物
ホテルステイ

イベント
たおさんの講座
石鹸講座スペシャル@広島
未分類

最新の記事

4月のワークショップのお知らせ
at 2019-04-03 11:14
最近超絶はまってる事
at 2019-03-15 02:24
リッツカールトン大阪クラブル..
at 2018-12-23 18:33
ローズマリーの石鹸
at 2018-12-20 23:57
リッツカールトン大阪クラブル..
at 2018-12-19 10:00
リッツカールトン大阪クラブル..
at 2018-12-17 10:00
リッツカールトン大阪クラブル..
at 2018-12-15 01:11
自然農法の米ぬかの石鹸
at 2018-12-13 08:52
リッツカールトン大阪クラブル..
at 2018-12-12 10:00
リッツカールトン大阪クラブル..
at 2018-12-10 10:00

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

>mamakoさん! ..
by itoito1014 at 16:42
お久しぶりです。 私も..
by mamako at 19:35
>mamakoさん お..
by itoito1014 at 15:52
ちょっと計算してみました..
by itoito1014 at 15:06
>Annieちゃん! ..
by itoito1014 at 14:30
わたしも家族旅行で行った..
by Annie at 02:30
お久しぶりです。長野良い..
by mamako at 15:39
遅くなったけど、先日はお..
by mamamko at 09:22
セクラさん。 すみませ..
by itoito1014 at 23:22
かわいくできてるじゃない!
by Annie at 22:19

検索

記事ランキング

フォロー中のブログ

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 05月
2014年 04月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

最新のトラックバック

画像一覧

タグ

リンク

ライフログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

ナチュラルライフ
グルメ

カテゴリ:旅( 43 )

東京にて2018③藝祭2日目

2018年9月5日~12日に東京へ行っていた備忘録

9月8日、藝祭2日目

前日に午前10時に行ったら、全くグッズが買えなかったので、

この日は早起きして

8時前に出発

8時40分には美校の正門前に到着した

驚いたのは、その時点で音校の方に100人以上の列があった事。

後で分かったのだが、これはコンサートの入場券を求めるものだった

美校の方には、4組、10人ほどが居て、

これが全てグッズを求める人だった

何と言っても、グッズの作りようが少ないので!(こら~~!!!)

並んだ所で、手に入る確証はないのだけど。

10番目なら大丈夫かな、と思った程度。

販売開始の9時には、行列は100人位にはなっていたと思う。

バッジなんて、全部で50個しか作ってないそう。

それを3日に分けて販売するのだから、足りないぜ~

b0199304_16342751.jpg
美校の入り口にあるメインビジュアル


バッジ、Tシャツ、マスキングテープ、クリアファイルなどなど

お嬢に頼まれたのやら、そうでないのやら

無事ゲットした我々は

その足で音校へ、

コンサートの整理券はとっても取りずらい

申し込み→抽選→確認→取れてたら整理券もらう→ホールへ行く

の手順。なかなか取れない整理券

けれど、あさイチなら比較的大丈夫らしい

んで、ダッシュで行ったら、入れた!

声楽科のコンサート




それが終わってから、展示を見に再び美校へ


b0199304_16403156.jpg
b0199304_16401782.jpg
b0199304_16410287.jpg
b0199304_16405001.jpg
b0199304_16410718.jpg




申し込んでいたコンサートの整理券が取れていたので

昼前になって、再び音校へ

器楽のアンサンブルとコーラス


b0199304_16582386.jpg
b0199304_16583179.jpg
b0199304_16582820.jpg
この部屋は、比較的新しくて、

当たり前かもだけど、音響設備が素晴らしい

こんなに小さな所なのに、響きの良い事ったらない

最高峰なので、当たり前かな。

でもすごい。

もちろん、内容も素晴らしかったよ~


その後は、再び美校へ行って

出店をぶらぶらしたりして

昼過ぎにはお疲れモードに

もう帰ろっか~と長女と上野公園方向へ

道すがら、アートマーケットもしているので、

器を買ったりしつつ

午後の早い時間には東京藝大を後にした


昨年は行かなかった音校へもいっぱい行って

藝祭を堪能した一日だった







by itoito1014 | 2018-09-28 17:04 | | Comments(0)

東京にて2018②藝祭~東京藝術大学大学祭1日目


9月5日~12日に東京へ行っていた備忘録


まさか子供の大学の大学祭に行くと事があるとは思ってもみなかったけれど、

もちろん、上二人の子の大学祭なんて行っちゃあいない

が、しかし、東京藝大となれば特別だ(親ばかなのでなおさら)


9月7日(金)藝祭1日目



藝祭の第一のハイライトは各科が作る神輿

神輿とは名ばかりのそれは、それは青森のねぷたか?

と言うほどのド迫力&さすがの完成度なのだ



1日目のオープニングは

神輿のパレードと上野公園での開会イベント

神輿は、毎年1年生が寝る間を惜しんで作る

材料は発泡スチロールなのだから驚き!

b0199304_20421316.jpg




建築、油画、声楽、指揮、打楽器、オルガン、古楽チーム




b0199304_20433544.jpg
彫刻、先端芸術表現、管楽器、ピアノ、音楽環境創造チーム




b0199304_20461160.jpg
工芸、日本画、楽理、邦楽チーム

さすが、日本的だの




b0199304_20414103.jpg
デザイン、芸術学、作曲、弦楽器チーム




神輿はまず、デザイン画を描いて、

それからマケットと言う、小型模型を作り

最後に実物を作る

なので、マケットも展示している


それぞれに着ている法被もプリントから手作りで

ミシン合宿なんかもするそう

それの3点がセット



建築、油画、声楽、指揮、打楽器、オルガン、古楽チームのセット


b0199304_21062694.jpg


b0199304_21064513.jpg


マケット

b0199304_21113340.jpg
b0199304_21113020.jpg
このチームの法被が2種類



彫刻、先端藝術表現、管楽器、ピアノ、音楽環境創造チーム

b0199304_21160971.jpg
b0199304_21161631.jpg
b0199304_21162425.jpg




工芸、日本画、楽理、邦楽チーム



b0199304_21174190.jpg
b0199304_21174806.jpg
b0199304_21175302.jpg





デザイン、芸術学、作曲、弦楽器チーム


b0199304_21185919.jpg
b0199304_21191239.jpg
b0199304_21192883.jpg

完成度の高さは流石だの~

これを見るだけでも、

藝祭に行く価値があるというもの




この展示は上野公園にあるのだけれど、

上野公園から大学までの間に

学生たちがそれぞれ手作りの物を出して

アートマーケットとして売っている


様々あるけど、好きな物を少々


b0199304_21232644.jpg
シルバーのグッピー

この人は院の2年生で、来年の就職が決まっているそう。

去年も買った、グッピーのアクセサリー

最後かもしれないなので、ピアスとブローチ両方を買った。

帽子に付けるとめちゃかわいいの




b0199304_21233140.jpg
去年は見なかった作曲家のトランプたち、かわいい


去年、買わなかったけれど、今年見たら買おうと思っていた

石膏像のお面は、今年は居なかった。

卒業したのかな???

石膏像は、藝大生にとって、避けて通れない入試課題

大きな足かせであり、試練、

様々な思いがあるのだ。

私は描いた事はないけれど、

お嬢が描いたデッサンが家に沢山あるし、

部屋には像もあった

マルス、ガッタメ、モリエール・・・




飲食の出店も面白い。

大学の飲食出店ってこの頃はどこもこうなの?



タピオカドリンク、汁なし担々麺、豚の角煮、

ラムチョップ、アイスの乗ったお餅、水ギョーザ

と個性的すぎる~~



そんなこんなをぶらぶらして

1日目は暮れたのであった






by itoito1014 | 2018-09-26 21:40 | | Comments(0)

東京にて2018①ひとりっぷ

9月の第一金~日曜の9月7~9日は、

東京藝術大学の大学祭「藝祭」

そのために今年も行ってきた東京

藝祭以外にもここぞとばかりに訪問した所を

備忘録として順番にアップしてみる

行ったのは9月5日(水)ANAにて

その日は次女の住まいへ行くだけで終了

予定の入っていたのは翌6日から

この日の夜7時からあのGUNZA SIXでトークショーを予約していた

b0199304_22210542.jpg
GINZA SIXはハイブランドのオンパレードで

一般人はひく~~~(笑)

b0199304_22211386.jpg
エスカレーターから見える吹き抜けは去年とはもちろんだけど、

全然違う飾り

b0199304_22211778.jpg
会場は蔦屋書店


b0199304_22212027.jpg
めちゃめちゃおしゃれな蔦屋



この春から「ひとりっぷ」にはまっていた

旅に行きたい。その時どうする?

同行の友達を探す?

いない時はあきらめる?

いえいえ、一人で行きゃいいじゃん。

どこでも「どうする?」って相談しなくていい!

自分の好きな所へおもうがまま行ける!

「ひとりっぷ」にそう書いてある。



私も、常に同行者を探してた。

でも、そんなのいらないんじゃん!

そうだ!一人で行こうって!

目から鱗がボロボロ~~

それから「ひとりっぷ」は私のバイブルに!

そして、私は台湾に行った。

でも、不覚にも同行者ができて

台湾はふたりっぷに


その第2弾「ひとりっぷ2秘境・絶景編」

の出版で、銀座の蔦屋書店でトークショーがあった

その日にちが、私の東京滞在の日にちと被ってる!

これは行くべし!とあいなったのだった

b0199304_22212548.jpg

著者のフクイユミコさんは

非常にフレンドリーで、

様々ぶっちゃけでお話しされて

とっても面白かくて、

エネルギッシュでパワフル

ユーモワいっぱいで、ストレート

お腹は一つだけど、機内食もスルーしたくない

荷物は少なくしたいけど、

買い物も思う存分したい!

「だよねーー」

って叫んだ(心の中で)

b0199304_22212951.jpg
b0199304_22213145.jpg
だから、いつかどこかでひとりっぷ(必ず)

と誓ったこの日なのだった





by itoito1014 | 2018-09-24 22:49 | | Comments(0)

台北旅⑪4日目午後は小慢で茶芸体験

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録


4日目の昼頃、龍山寺を後にした我々は

それまでず~っと電車にしか乗らなかったのに、

この日はタクシーを駆使

龍山寺前からタクシーに乗って永康街方面でぶらぶらして、

茶芸体験をしに小慢へ行こうと計画

タクシーを降りたのは小籠包で有名なデイタンファン本店前


b0199304_10495567.jpg
めちゃくちゃ人が多い!

道まであふれてる~

と横目で見ながら、通り過ぎて!

すぐそばの角を曲がると

b0199304_10500346.jpg


これまた有名店の高記がある~

しか~し、これもスルー

だって、茶芸体験の予約が午後1時

ここらをウロウロしてたの午後0時頃

店の中に入ってオーダーしてゆっくり食べる時間なぞないのじゃ!

ここらあたりはおされなお店も多くあるので

それをめぐりつつ、かわいい雑貨なんぞの

お土産の物色して、

屋台でネギパンみたいのを買って食べつつ、

ゆっくり歩いて小慢

ぶらぶらしながら行くと丁度良かった

b0199304_10575185.jpg
店の佇まいは、「店」のようではない

そこがまた良し

b0199304_10580058.jpeg
店の中も静か

b0199304_10580436.jpeg

お茶を飲むだけでも良いけれど、

ぜひとも茶芸体験をしてみたいと、

フェイスブックのメッセージから

約1か月前に予約したおいた



b0199304_10581163.jpg
b0199304_10581466.jpg
デモストは日本人の方だった

選んで下さった3種の茶葉を使い

それぞれ3湯まで楽しむ

しめて9杯

小さな茶器ではあるけれど、

9杯飲むとかなりおなかがちゃぷん

それでもそれぞれ違う味がして

お茶の奥深さの少々を知れた




b0199304_10581798.jpg
終わりころに出されたお茶うけのお菓子たち

上品で甘すぎないお味

茶藝体験は1人1000元

なかなかのお値段

でも、静かで上品な空間で、

トーク付きで美味しいお茶が飲めるは、

他ではできない事だから、

コスパに厳しい私もOK!!!

b0199304_11355702.jpg

奥の棚にパッケージされたお茶がズラリ


帰りにぎわツレが買っていた

「お土産にしよ~」とか言って

けど、これめちゃ高かったわ~

こっちは、NG!

あげるのもったいないがな!ってなった!



b0199304_10582121.jpg
オーナーさんの愛犬がおりましたよ

かわいいけど、正面から写真撮れず、、、



台北市内のごちゃごちゃしてる所ばかり行っていたから

この静かな場所で、

おいしいお茶をじっくり味わうと、

台北の違う顔を見れたようで

良い体験であった

また行きたい




by itoito1014 | 2018-08-15 11:52 | | Comments(0)

台北旅⑩4日目午前は龍山寺へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録

4日目の朝御華山莊民宿をチェックアウトの後

この民宿のご主人のタクシーで瑞芳駅まで送ってもらい

そこから電車に乗って台北市方面へ

ICカード使用なので瑞芳ー台北を各駅停車しか乗れず

約1時間ほどかかる(超ローカル鉄道の旅だ!)

この日の宿泊ホテルに荷物を置こうと

松山駅で下車

観光は最終日なので、行けてない所へ効率よく行くべく

この日はタクシーを駆使

松山駅からホテルまでタクシーでビュン

荷物を置いたら、またそのホテルでタクシーに乗って、

行ったのは龍山寺(ロンシャンスー)


b0199304_21190686.jpg




b0199304_21193569.jpg
台北市内最古で最も多くの神様が祀られているそうだ

観光客も多いけれど、地元の人も多く

みな一心不乱に拝んでいる

b0199304_21195819.jpg
b0199304_21194373.jpg
b0199304_21200260.jpg
天井まで美しい

拝むのにも順番やマナーなどがある様子

中の、職員らしき人が教えてくれたりするけれど、

手取り足取りではないので、

ところどころマナー違反があったようだけど、

分からないので仕方ない(許して!)



台北は食べ歩きだけでなくて、

こうした史跡も美しいし、

とても信心深い国民性も垣間見られて楽しい

厳かな雰囲気で、背筋が伸びる思いになった





by itoito1014 | 2018-08-09 21:26 | | Comments(0)

台北旅⑨3日目は九份で宿泊

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録

3日目、午前は十分、午後は九份を堪能した我々

夜になると台北へ帰る観光客がほとんどの中、

我々は九份の御華山莊民宿 に宿泊

何故かと言うと、帰りのバス、タクシーが非常に混む(らしい)

ツアーでない我々はそうなると右往左往すること間違いない(確信)

ツアー利用の人も多い(らしい)

できるだけ後の時間を気にせずにゆっくりしたい

そんな思いから宿泊する事に

調べてみると、九份には民宿がいろいろあった

ただベッドだけあれば良い、

とも思ったけれど、

九份は崖を登り、谷に這いつくばるようにできた集落

遠く海が見渡せる、絶景のロケーションの宿もチラホラ

そこで、調べに調べて選んだのがこの民宿

b0199304_16164283.jpg
海に向かって建つ合計4~5部屋の宿の庭には大きなガジュマル(みたいな木)


b0199304_15514281.jpg

b0199304_16192317.jpg

絶景が望めて、

ごちゃごちゃっとした九份とは別世界


b0199304_16224523.jpg
老街と民宿の位置関係

左端の⑮7-11と書いてあるのが老街入り口のセブンイレブン

そこから黄色く示してある所が「ザ九份」

そこは道を知らなくても、人の後に付いていけば

絶対に迷う事はない

絶景写真スポットの茶楼にもたどり着ける



真ん中あたりの⑪九份派出所の前にバス停があって

そこから民宿まで徒歩3分位

派出所からは階段しかないので

荷物は頑張って持つべし(笑)


平日、週中の水曜日は、

我々しか宿泊者がおらず、

一番広い部屋へ通された

ホテルで言う所のアップグレードってヤツ(嬉)

b0199304_15514715.jpg
ドアを開けると左側がウエットエリア

b0199304_15524272.jpg

必要十分です


b0199304_15515091.jpg
b0199304_15515528.jpg
b0199304_15515866.jpg
ずずっと進むと左側にカーブした先にベッドが

b0199304_15525143.jpg

正面の窓からは絶景が見える

b0199304_15523142.jpg


朝食は地元産フルーツたっぷりと

フレンチトーストとサラダとシリアルそしてレモンティー

それまでの2日間、塩味の豆乳&揚げパンだったので

ツレは親しみのある味に喜び

私も、安心感のある味でおなか一杯

b0199304_15523491.jpg
こーんなお土産も頂き、

オーナー夫妻と大木のブランコで

写真をパチリ、パチリ

このオーナー夫妻が温かくて

思い出をワンランクアップさせてくれた。

悔やまれるのは、言葉が通じない事

いっぱい聞きたいことあったのに

コミュニケーションがイマイチで

辛かった。

奥さんは英語ができるそうなので、

せめて英語ができりゃな~~~と

英語勉強したい~~~と思ったのだった


朝ごはんの後は

ルイファンまで、ご主人のタクシーで送ってもらった

めちゃ早くて、楽だった!

良い民宿で、良い思い出ができたのだった



by itoito1014 | 2018-08-06 16:37 | | Comments(0)

台北旅⑧3日目は午後から九份へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録


十分を堪能した我々は昼頃の列車で瑞芳へ戻り

荷物をピックアップしてバスで九份へ向かった

バス停は徒歩3分ほどだろうか、

荷物預かりのおにいちゃんに場所を聞くと

b0199304_22491877.jpg
こんなパネルを出して、写真を撮れと促す

親切だな~

バス停では、平日の昼間、合計で7~8人がバス待ちをしていた

バスに乗って約20分で九份へ到着

バスの終点ではないので、

坂を上ったセブンイレブン前で降りた

そこが老街へ一番近いと思っていたから

しか~し、我々は九份老街に行く前にする事があった!

荷物を置きに行かなくちゃ!

宿泊は御華山莊民宿

ここの最寄りバス停は、セブンイレブンの1個手前だった!

なので、荷物を抱えて(主に大きいのはツレが)

階段を降りる、降りる、降りる。

手がつったそうな(ツレが)


大汗かいて、着いたの午後2時半頃

ちょいと早かったけど、

民宿のオーナーは快くチェックインさせてくれた



そしてお疲れな我々は5時まで休憩

5時になってから民宿のオーナーさんに

老街まで車で連れて行ってもらい老街をぶらぶら
b0199304_23103796.jpg


人が群がっていた阿蘭草仔粿でお餅?を 買って

食べながら歩いたり

やわらか~~いお餅の中に干し大根やら干しエビなんかの

具が入っている。あんこのもあった

どれも美味しかった!


b0199304_23103021.jpg
これまた人がいっぱいいたので賴阿婆芋圓 で甘未を

熱いのか、冷たいのか聞かれるんだけど

7月、このド熱いのに冷たいの以外に選択できん(笑)


小1時間もぶらぶら、坂を上り下りすると、

もう行きついてしまい、

例の写真スポットに到着

写真スポットの茶房の前で人がたまっている

そこは向かいの飲食店の入り口

おばちゃんが入り口を規制している

仕方ないので、おばちゃんに聞いてみる

私「入れる?」

おばち「予約は?」

私「ノー」

おばち「オーダーする?」

私「イエス」

というと入れてくれた(笑)

そしたら通されたのが

その茶房の向かいにあるベランダ

b0199304_23122832.jpg
そこでビールとジュースを頼んでグダグダ


b0199304_23121816.jpg
b0199304_23122198.jpg
b0199304_23120968.jpg
b0199304_23263513.jpg
明るい時からだんだんと暮れてきた

下には人がいっぱいだ

でも、平日しかも週中なので

これでもかなり空いているらしい

良い写真が取れて大満足

約1時間半ほどグダグダした

b0199304_23125146.jpg
私たちがいたのは↑の茶房のテラス


とっぷりと日が暮れてからまた散策

b0199304_23124172.jpg
b0199304_23125471.jpg

b0199304_23125621.jpg
「千と千尋の神隠し」のモデルと言われるけれど

宮崎駿さんはモデルじゃないと全否定だそう

ただ、ノスタルジックな景色は趣がある

でも、かなり狭いエリアで、

しかも観光地化されすぎていて

面白味に欠ける。

再訪するかと聞かれたら

「1回行ったら十分」と答えたい

そんな所だった




by itoito1014 | 2018-08-02 23:37 | | Comments(0)

台北旅⑦3日目の朝は十分(シーフェン)へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録

3日目は連泊したヴィアホテルロフト朝9時頃にチェックアウトして

荷物を抱えて台北駅へ

まず、花蓮方面に行くローカルな鉄道に乗って瑞芳(ルイファン)まで行った

ICカード利用だと各駅停車しか乗れないようで、

瑞芳までの行程は、ガッタン、ゴットンとのんびり、のーんびり進んで約1時間

これはこれで、なかなか楽しいものだ。

瑞芳(ルイファン)に着いたら、大きな荷物を預けた

この駅は、とてもローカル色があり

趣のある駅だ。映画にでも出てきそう

b0199304_22114163.jpg
めちゃくちゃ雰囲気がある!



b0199304_22115016.jpg
駅前のロータリー


b0199304_22115868.jpg
ホームも素敵!

何話してんだろう、女子たち!




そうして、平渓線に乗り換え

良く分からないので、あちこちでいろんな人に聞いたけれど、

英語は通じず、みんな現地語しかしゃべれない

そうなると、こっちも分からないので、

何人もに聞きまくっていた(笑)

んで、何とか平渓線に乗り約30分ほどで十分に到着


こここはなかなか狭いエリアでギュッと観光地化されている

定番のランタン上げのお店が並んでいる


b0199304_22203237.png
b0199304_22123463.png
b0199304_22123079.png
4面にそれぞれ願い事を書いて上げる

ベタだけど、楽しい。

そして、自分の書く良い文言が浮かばず、

ボキャブラリーの無さに凹む(笑)

ランタン屋のお兄ちゃんが

スマホで写真を撮ってくれる

もう、あーせー、こーせーと言われるがままにポーズを取るのだ

いい年したおばちゃんとおじちゃんは言いなりだ(恥)





b0199304_22203606.png

みんなこうして線路の中で飛ばす

めったに来ない電車なので


b0199304_22351960.jpg


b0199304_22205198.jpg

すぐそばの立派なつり橋の前でパチリ

ここは、本当に狭いエリアなので

あっという間に、端から端まで行けてしまう。

少し歩けば瀑布もあるそう

でも、暑かったので、そんな力が沸かず、

次の電車でそそくさと退散した我々であった









十分滞在時間1時間以内

でもでも、とっても楽しかったのだ

何せ、ツアーじゃないから、

すべて手探りだからね(笑)




by itoito1014 | 2018-07-28 22:45 | | Comments(0)

台北旅⑥2日目午後は迪化街からのGOMAN MANGO経由の士林夜市

7月2日4~6日に台北へ行っていた備忘録⑥



2日目、明月湯包で小籠包ランチをした後は

ホテルに戻りしばし休憩

夕方4時前ころから活動を始めた


b0199304_13393433.jpg

MRTで北門駅から迪化街へ

ここは問屋街

ドライフルーツやナッツ、布市場などがある


b0199304_13394313.jpg
b0199304_13394535.jpg
b0199304_13394094.jpg
b0199304_13394884.jpg
b0199304_13395154.jpg



観光地と化しているので

客引きが半端ない

ドライフルーツも何だか食指がそそられない

ぶらぶら、ぶらぶら、ぶらぶら

頑張って歩いて歩いて

双連駅まで

ホンマ、よく歩いた


そこからの、夜市に行かないといけないと考えて

士林まで行って、

まだ明るい時間だったので、

駅近くのGOMAN MANGO


b0199304_13400183.jpg
このマンゴーかき氷のインパクトはハンパない

しかし、味は冰讚の方が上かも~好みかもだけど


b0199304_13400467.jpg
マンゴー豆花

さっぱりしてて美味しいけれど、やっぱマンゴーかき氷の方が上!!!


b0199304_14111441.jpg


そこから暗くなってきたので士林夜市

食べ歩きをすると良いらしいが、

我々はマンゴーかき氷を腹いっぱい食べた後だったので、

食べ歩きはお腹が許さず(笑)

ひたすらぶらぶら

熱気のある 夜市だった


この日は1日中、よく歩いて、よく活動した

思い出すだけで、ぐったりするほど。

もっと効率良く回る方法があるのでは?

と思うこともないではないが、

その時点での最大の欲張ったぶらぶらだったと思う。




by itoito1014 | 2018-07-25 14:16 | | Comments(0)

台湾旅⑤2日目のお昼は明月湯包へ

7月2日~6日に台北へ行っていた備忘録⑤


2日目、国立故宮博物を出た我々

お昼は明月湯包へ小籠包しに行くことに

故宮博物院からはちょいと遠いけれど、

これを逃したら、日程的に小籠包を食べられる時がないかもと思い、

故宮博物院と明月湯包の最寄り駅が

MRTの淡水信義で乗り換えなしをいいことに、行くことに

しかし、駅から明月湯包は徒歩20分

なんだか遠い。バスにのれりゃーな~

でもバス乗りにくい。難しいの~



しかし、台北と言えば、小籠包

これを食べずしては帰れない、って事で。

しかし、他にも店あるじゃろー、とは思うけど、

いろいろ調べた結果なのじゃ

日本各地にも店がある鼎泰豊 本店も考えないことはない

けれど、待ち時間がすごいらしい、

その上、味はそーでもないらしい、

って聞くと、行く気失うってもの。

実は東京で行ったことあるんよ

その時は、ぬるい小籠包が出てきておったまげ

2回目はない!と思ったんだ。

そんな事で選定外となり、選んだ明月湯包



頑張って歩いて着いた明月湯包

2店舗あるようだけど、

我々は、昔からある方へ

平日のせいなのか、ローカル人しかいない

なんだか、高まるね~~~

b0199304_10411452.jpg
プレーンの小籠包(奥)とヘチマとエビの小籠包(手前)

いやーーアツアツでおつゆたっぷりでうまいい~~~よーーー

b0199304_10411743.jpg
併せて酸辣湯とサケのチャーハン

どちらもレベル高いっ!


b0199304_10412133.jpg
ツレが台湾ビール2本飲んで

しめて800元、円換算で2900円位でしょうか

おいしゅうございました。


b0199304_10412929.jpg
途中の街並みが雑多で、

またこりゃ良い景色ですわん




by itoito1014 | 2018-07-24 10:46 | | Comments(0)